駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > 青森県の観光名所・社寺・絶景

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

青森県の観光名所・社寺・絶景

イベント・お祭りアーカイブ

【城郭・城跡】

弘前公園(弘前城)
(青森県弘前市下白銀町1)

弘前城跡を整備して造られた公園で面積は約49ha。本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭(くるわ)、西の郭からなる平山城。城跡は、全体が……


城山公園
(青森県三戸町梅内城ノ下)

三戸城は、16世紀南部氏によって築城され、現在は城山公園として、約1600本の桜やあじさいが植樹されているほか、天守閣を模した三戸城温故……


【名所旧跡・遺跡】

小牧野遺跡
(青森県青森市野沢小牧野41)

八甲田山西麓の荒川と入内川に挟まれた舌状台地にある、環状列石(ストーンサークル)を主体とする遺跡(国指定史跡)。直径55mもの環状列……


蓬田城跡
(青森県蓬田村汐越)

鬱蒼と茂る森に残る城跡。「大館」ともいわれ、南北朝時代の豪族の居館だったと伝えられているが、いつ頃誰が築城したものかは不明。現在は……


大平山元遺跡
(青森県外ヶ浜町蟹田大平山元)

陸奥湾へ注ぐ蟹田川の左岸に位置する集落遺跡で、旧石器時代および縄文時代6期のうち「草創期」初頭のものと推定され、国の史跡に指定され……


厩石
(青森県外ヶ浜町三厩中浜)

義経伝説のある巨大な奇岩。北海道を目前に荒れる津軽海峡に行く手を阻まれた義経一行。義経は岩に座り、守り神の小さな観音様に三日三晩祈……


八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館

是川石器時代遺跡
(青森県八戸市是川)

是川石器時代遺跡は、縄文時代6期のうち「前期」から「中期」の一王寺遺跡、「中期」末頃の堀田遺跡、「晩期」の中居遺跡の3遺跡の総称。一……


史跡太素塚
(青森県十和田市東三番町24-1)

十和田市開拓に尽力した新渡戸傳をまつる墓所。「太素」とは新渡戸傳の号。敷地内には、新渡戸傳の孫にあたり、五千円札の肖像になった新渡……


提供:十和田市教育委員会

旧笠石家住宅
(青森県十和田市大字奥瀬字栃久保80)

十和田湖から流れ出る奥入瀬川右岸の狭い台地上に建つ旧笠石家住宅。18世紀後半(江戸時代後期)の建築と推定され、この地域の農家住宅の典……


北洋館
(青森県むつ市大湊町4-1)

大正5年に海軍大湊要港部の水交社(海軍士官の社交場)として建てられ、外装は釜臥山から採石された石材を用いた当時としては珍しい洋風の……


清藤氏書院庭園
(青森県平川市猿賀石林1-1)

清藤氏書院庭園は、同家の記録によると寛永年代(1624〜1643年)に、朝廷の公卿花山院忠長卿が清藤家13代当主から唐糸御前の悲話を聞き弔う……


真上から見た環状列石 提供:弘前市教育委員会

大森勝山遺跡
(青森県弘前市大字大森字勝山)

青森県最高峰、岩木山のふもとを流れる大森川と大石川に挟まれた舌状台地にある、環状列石(ストーンサークル)を中心とする遺跡で、国の史……


青森銀行記念館
(青森県弘前市元長町26)

弘前公園の追手門の近くに位置し、青森県初の国立銀行(旧第五十九銀行)の本店として1904年(明治37年)に完成。木造2階建て、ルネッサン……


追手門広場
(青森県弘前市下白銀町2-1)

市制施行100周年を記念して、平成2年(1990年)、東奥義塾高校跡地につくられた広場。津軽の観光情報拠点である市立観光館はじめ、山車展示……


旧弘前市立図書館
(青森県弘前市下白銀町2-1)

追手門広場内にある弘前市立郷土文学館と併設している。1931年(昭和6年)まで市立図書館として使用されていた。1906年(明治39年)青森県……


旧東奥義塾外人教師館
(青森県弘前市下白銀町2-1)

明治5年(1872年)、県内で最初に開校した私学校・東奥義塾。慶応義塾にならい文明開化を学ぶため外人教師を招いた。その外人教師のための……


旧平山家住宅
(青森県五所川原市湊字千鳥144-1)

江戸時代に弘前藩広田組代官所手代、堰奉行大庄屋を兼ねた郷士豪農であった平山家の住居として造られたもの。広大な屋敷地に母屋、離れ、土……


太宰治文学碑
(青森県五所川原市金木町芦野 芦野公園内)

作家・太宰治の栄誉と郷土文化への功績をたたえ、太宰が子どもの頃よく遊んだ芦野公園の登仙岬、桜と松林の木立のなかに建立されている。誕……


提供:五所川原市商工観光課

十三湊遺跡
(青森県五所川原市十三)

鎌倉時代から室町時代にかけて港町として栄え、数々の貿易を行っていたと伝えられる幻の中世都市「十三湊」。当時の遺構群が極めて良好に遺……


提供:三内丸山遺跡保存活用推進室

三内丸山遺跡
(青森県青森市大字三内字丸山)

八甲田山に連なる台地の縁に位置する日本最大級の縄文時代の拠点集落跡で、縄文時代6期のうち「前期」中頃から「中期」末頃のものと推定さ……


森山館・茶右衛門館跡
(青森県深浦町森山)

築城は不明だが慶長18(1613)年に廃城となった山城。森山崎の丘陵に築かれた単郭で、土塁、堀切などの遺構が見られる。文明5(1470)年に……


大間越関所跡(福寿草公園)
(青森県深浦町大間越)

江戸時代には関所が置かれていた場所。当時は碇ヶ関・野内とともに「津軽三関」と呼ばれていたが、遺構は老松を残すのみ。日本海を見下ろす……


提供:深浦町観光協会

横磯のエノキ
(青森県深浦町横磯)

北限のエノキとされる古木。エノキは暖地系の落葉高木で、その分布は関東地方より南が中心。東北地方においては太平洋側で宮城県、日本海側……


関の古碑群
(青森県深浦町関栃沢)

南北朝時代(1338〜1392)の板碑形式の供養碑。同所や近くの村々に散在してあったものをこの「関の杉(県天然記念物)」のわきに集めたもので……


提供:深浦町観光協会

北金ヶ沢の大銀杏
(青森県深浦町北金ヶ沢塩見形356)

日本一の大きさを誇るイチョウの巨木。樹齢1000年以上の古木で、幹周囲約220m、高さは約31m、樹勢も良好でイチョウ独特の樹形をよく示して……


銀杏ヶ丘公園(木作御仮屋代官所跡の大イチョウ)
(青森県つがる市木造千代町)

藩政時代はここに木作御仮屋代官所が置かれていた。特に遺構などは見られないが公園の一角に貞享元年(1684年)に4代藩主・津軽信政が手植……


田小屋野貝塚
(青森県つがる市木造館岡)

津軽平野の岩木川と日本海に挟まれた台地上にある貝塚を伴う集落遺跡。縄文時代の6期のうち「前期」中頃から「中期」中頃を中心とした遺跡……


亀ヶ岡石器時代遺跡
(青森県つがる市木造亀ヶ岡、木造館岡)

東京国立博物館所蔵の左脚のない大型の遮光器土偶(国指定重要文化財)が出土した遺跡として有名で、国の史跡に指定されている。津軽平野の……


長七谷地貝塚 現況 提供:八戸市教育委員会

長七谷地貝塚
(青森県八戸市桔梗野工業団地3丁目)

太平洋に注ぐ五戸川(ごのへがわ)下流域右岸の桔梗野工業団地内にある、縄文時代6期のうち「早期」後半(今から7500年前)に形成された貝……


(c)七戸町教育委員会世界遺産対策室

二ツ森貝塚
(青森県七戸町貝塚家ノ前)

青森県東部の小川原湖の西に位置する貝塚をともなう集落遺跡で、縄文時代6期のうち「前期」中頃から「中期」後半のものと推定される。遺跡……


浜町の常夜燈
(青森県野辺地町馬門道)

文政10年(1827年)に建造。盛岡藩の日本海航路への窓口として賑わった野辺地湊に夜間入港する船の目印として、旧暦3月10日から10月10日ま……


【神社・寺院・教会】

提供:十和田市

十和田神社
(青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋)

大同2年(807年)に坂上田村麻呂が創建したといわれる古社。現在は日本武尊が祀られているが、明治の神仏分離までは十和田湖伝説の大蛇を法……


善知鳥神社
(青森県青森市安方2-7-18)

多紀理毘売命(たぎりびめのみこと)、市寸嶋比売命(いつきしまひめのみこと)、多岐都比売命(たぎつひめのみこと)の宗像三女神を祭神と……


昭和大仏青龍寺
(青森県青森市大字桑原字山崎45)

青森市郊外、日本の原風景を感じさせる自然豊かな里山に佇む寺院。昭和59年に造立された日本最大の青銅大日如来像があることで知られ、境内……


今別八幡宮
(青森県今別町今別2-5)

創建は定かでないが永禄年代。丘陵の突端に建立されており、前に今別川、後に中沢と、防御に適した場所であった。県の文化財に指定されてい……


義経寺
(青森県外ヶ浜町字三厩家ノ上76)

源義経が津軽海峡を渡り北海道へ逃げ延びたという義経渡海伝説の残る寺。江戸時代初頭、各地を遍歴し多くの仏像を刻んだ僧・円空が観音堂を……


三嶋神社
(青森県八戸市白銀町三島上5-9)

創建年代は不明だが大同2年(807年)という説があり、本殿は八戸南部2代当主・直政が建立したもの。漁民の信仰が厚く、大漁祈願の祈祷が盛……


提供:蕪嶋神社

蕪嶋神社
(青森県八戸市鮫町鮫56-2)

国指定天然記念物の蕪島ウミネコ繁殖地に位置し、地元では「かぶしまさん」と呼ばれ信仰を集める。永仁4年(1296年)に蕪嶋大明神本地辨財……


猿賀神社
(青森県平川市猿賀石林175)

蝦夷征伐のため北上した坂上田村麿が「神蛇宮」として建立したと伝えられている猿賀神社。その後、藤原秀衛、北畠顕家、安部師季、安部教季……


浄仙寺
(青森県黒石市南中野黒森下84-3)

黒森山の中腹、森に囲まれた静かな境内の寺社。文政7年(1824年)の開山で、寺宝は本尊の阿弥陀如来立像。昭和19年火災により本堂、庫裡全……


岩木山神社
(青森県弘前市百沢寺沢27)

創建1200余年の歴史を持ち、本州最北端の北門鎮護と称えられる古社。建造物には青森県産ヒバを使用し、古いものでは400年の風雪に耐えてい……


弘前昇天教会
(青森県弘前市山道町7)

イギリス国教会の伝統を引くプロテスタント系の教会。明治29年(1896年)伝道の講義所として設けられた。教会堂は、大正10年に宣教師ジェー……


最勝院
(青森県弘前市大字銅屋町63番地)

藩政時代総禄や千百三十三神社の統括をするなど、津軽に於ける寺社への大きな影響力を持った古刹。津軽真言宗五山の筆頭で藩政時代における……


長勝寺
(青森県弘前市西茂森1-23-8)

津軽家最初の曹洞宗の菩提寺で、創建は享禄元年(1528年)。津軽家の先祖・大浦光信の死後、その子の大浦城主である盛信が種里(現在の鯵ヶ……


カトリック弘前教会
(青森県弘前市百石町小路20)

明治5年(1872年)、パリ外国宣教会のアリヴェ神父が布教を始めたカトリック弘前教会。現在の聖堂は明治43年(1910年)オージェ神父が設計……


日本キリスト教団弘前教会
(青森県弘前市元寺町48)

明治8年(1875年)、「弘前公会」の名で創設された東北最初のプロテスタント教会。東奥義塾の英語教師、ジョン・イング氏の元で洗礼を受け……


雲祥寺
(青森県五所川原市金木町朝日山433)

慶長元年(1596年)開基の古刹。寺宝「十王曼荼羅」通称「地獄絵」は江戸中期の掛け図で、掛け軸に描かれているさまざまな鬼が、死後にその……


大円寺
(青森県大鰐町蔵館村岡12)

津軽では「大鰐の大日様」としてあつい信仰を集める名所。起源は奈良時代、聖武天皇の国分寺建立に際し、本尊大日如来を阿闍羅山の大安国寺……


円覚寺
(青森県深浦町深浦浜町275)

坂上田村麻呂が陣中で使ったかけ仏と、聖徳太子の作といわれる「十一面観音」が安置されたのが起源と伝えられる真言宗の寺院。国の重要文化……


見入山観音堂
(青森県深浦町追良瀬字初瀬山草分)

津軽霊場第9番の札所で、もっとも難所にあるとされている。断崖上の洞窟のなかに小さな観音堂が建つ。室町時代初期の創建と伝わっている。


提供:高山稲荷神社

高山稲荷神社
(青森県つがる市牛潟町鷲野沢147-1)

七里長浜を望む高山稲荷神社は、五穀豊穣、海上安全、商売繁盛など信仰を集める霊験あらたかな稲荷神社。神社は日本海の眺望がすばらしい高……


法光寺
(青森県南部町法光寺20)

名久井岳の中腹に建ち鎌倉時代に開かれたとされる曹洞宗の名刹。境内にある曹洞宗開祖である道元禅師の霊骨が安置されている「承陽塔」は、……


櫛引八幡宮
(青森県八戸市八幡字八幡丁3)

南部家初代光行公の草創といわれ、鎌倉時代から続く南部藩ゆかりの総鎮守。本殿は国指定の重要文化財で、国宝館では所蔵する国宝の赤糸威鎧……


寺下観音
(青森県階上町大字赤保内字寺下)

奥州南部糠部三十三所巡礼一番札所である寺下観音。観音堂の中に、千数百年前に僧、行基が伝えたとされる観音像を安置している。 境内には……


【街並み・街道】

階段国道339号
(青森県外ヶ浜町三厩)

全国で唯一、車両が通行できない国道として知られている。龍飛岬の近くにあり岬下から灯台まで全長388.2m、段数362段、標高差約70mである。……


(c)一般社団法人 十和田市観光協会

十和田市官庁街通り「駒街道」
(青森県十和田市西二番町〜十二番町)

日本の道百選や新日本百景にも選ばれている十和田市官庁街通り「駒街道」は、十和田市のシンボルロードとして親しまれている。沿道に桜並木……


こみせ通り
(青森県黒石市中町・前町)

黒石藩1万石城下にある蔵造りの商家町。ここの特徴は、津軽地方で「こみせ(小見世)」と呼ばれる庇屋根があること。陽射しや吹雪から人を……


アップルロード
(青森県弘前市小沢)

東北自動車道「大鰐弘前IC」近くの弘前市石川から、岩木山神社のある百沢までの約22kmを結ぶ「アップルロード」。道路沿いには、りんご園が……


提供:弘前観光コンベンション協会

禅林街
(青森県弘前市西茂森)

弘前城築城の翌年、城の鬼門を守るために2代藩主・信枚が津軽一円から曹洞宗の寺院(禅寺)を結集させたもの。禅寺が並んでいることから「……


弘前市仲町重要伝統的建造物群保存地区
(青森県弘前市馬喰町、若党町、小人町ほか)

慶長16年(1611年)、2代目藩主信牧の築城で津軽10万石の城下町が誕生。現在は、往時のままに天守閣などが残る弘前公園として親しまれてい……


【タワー・展望台】

風のまち交流プラザ トップマスト
(青森県外ヶ浜町蟹田中師宮本160)

陸奥湾を見渡せる海岸沿いにある展望タワー。らせん階段でのぼる地上30mからの風景は圧巻。フェリーの待合所でもあり、売店では町の特産品……


グレットタワーみなと
(青森県八戸市大字湊町字館鼻)

館鼻公園内にある展望タワー。「グレット」とは、南部弁で全部の意味を表し、展望室からは八戸の海や街並みがすべて見渡せる。


釜臥山展望台
(青森県むつ市大湊字大近川44の官有地)

下北半島で一番高い標高879mの釜臥山からの眺望は視界360度の大パノラマ。山頂付近にある2階建ての展望台からは、眼下に市街地と陸奥湾、宇……


【橋梁】

青森ベイブリッジ
(青森県青森市安方)

青森市のシンボルにもなっている「青森ベイブリッジ」。平成6年に開通した全長1994mの青森市から津軽半島に向かう橋梁。夜は青色や黄色など……


提供:鶴田町産業観光課

鶴の舞橋
(青森県鶴田町廻堰)

岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖(廻堰大溜池)にかかるアーチ橋。全長300m、幅3mで、三連太鼓橋では日本一長い木造橋と……