駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > 秋田・男鹿の祭り・イベント

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

秋田・男鹿の観光・イベント情報


イベント・お祭りアーカイブ

祭り・イベント情報

写真

クラフトビアフェスティバルinAKITA
(2017年8月26日〜27日/秋田市 秋田駅西口大屋根下、アゴラ広場)

全国のクラフトビールが大集合する「クラフトビアフェスティバルinAKITA」が、秋田駅西口大屋根下とアゴラ広場で開催されます。40ブルワリー以上が参……


写真

千秋公園の蓮
(2017年7月下旬〜9月上旬 ※見頃は8月中旬/秋田市 千秋公園)

秋田藩佐竹氏20万石の居城であった久保田城跡を整備した千秋公園では、例年7月下旬になると大手門堀に植えられた蓮の花が美しく咲き誇ります。ほんの……


写真

寒風山まつり
(2017年9月24日/秋田県男鹿市 寒風山)

なだらかな傾斜が続く標高355mの寒風山で、「寒風山まつり」が開催されます。大自然を体感する「パラグライダー無料体験飛行」や「ぐるっとハイキング……


秋田オクトーバーフェスト2017
(2017年10月12日〜15日/秋田市 エリアなかいち にぎわい広場)

音楽とビールが同時に堪能できる「秋田オクトーバーフェスト2017」がエリアなかいちのにぎわい広場で開催されます。秋田県内で活躍しているバンドがつ……


写真

秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館) 竿燈の定期実演
(2017年4月〜10月の土日祝/秋田市 秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館))

東北三大祭りの「秋田竿燈まつり」をはじめ、秋田市に古くから伝わる行事や民俗芸能を広く紹介する秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)で、秋田市竿……


写真

寒風山のススキ
(2017年10月下旬〜11月上旬/秋田県男鹿市 寒風山)

なだらかな形状を活かした回転展望台やゴルフコースなどが整備された寒風山は、秋になると人の背丈を超すほどのススキが生い茂ります。ほぼ全体が芝生……


写真

五城目朝市
(通年。毎月下一桁に2と5と7と0のつく日/秋田県五城目町 五城目町下タ町通り(朝市通り))

秋田県内で最も古い歴史をもつ朝市で、500年以上も続きます。1495年、馬場目の地頭、安東季宗が齊藤弥七郎に命じて、町村に「市神」を祀らせ、市を開……


観光施設・スポット情報

【スキー場】

太平山スキー場オーパス
(秋田県秋田市仁別字蛇馬目沢111)

ファミリーで楽しめるスキー場。コースは6本あり、ナイター時はゲレンデから秋田市街の夜景も楽しめる。レンタルやレストランも備えているほか、近く……


【温泉】

大潟村温泉保養センター(ポルダー潟の湯)
(秋田県大潟村北1-3)

500万年前の海水が地層水となったいわゆるモール温泉で、慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛などに効果的。大浴槽をはじめ、寝湯、バイブラバス、超音波バス……


男鹿温泉
(秋田県男鹿市北浦湯本)

日本海に突き出した男鹿半島の北海岸に沿ったなだらかな斜面にある男鹿温泉。大同年間(806〜810)に征夷大将軍、坂上田村麻呂の東征の際に発見したと……


秋田温泉
(秋田県秋田市添川字境内川原)

大正末期、石油掘削の際に湧き出た温泉で、地元で美人湯として人気。秋田市街地から少し離れた川沿いに位置し、2軒の宿泊施設と日帰り入浴施設がある……


【城郭・城跡】

脇本城跡
(秋田県男鹿市脇本七沢外)

津軽地方から秋田郡一帯を支配していた安東氏の第8代当主・安東愛季が、天正5年(1577年)に整備した中世の山城跡。国指定史跡になっている。男鹿半島……


久保田城御隅櫓
(秋田県秋田市千秋公園1-39)

慶長8年(1603年)から翌年にかけて築城された平山城で矢留城(やどめじょう)の別名がある。城主は平安後期から北関東で名を馳せた豪族の佐竹義宣。……


秋田城跡
(秋田県秋田市寺内地内)

奈良時代から平安時代にわたって、東北地方の日本海側(出羽国)の拠点であった大規模な地方官庁の遺跡。陸奥国の多賀城とともに、東北地方における行……


五城目城
(秋田県五城目町字兎品沢62-2)

森山森林公園内に町のシンボルとして建てられた五城目城。内部は森林資料館になっており、伐採に使われていた道具や当時の写真を展示している。そのほ……


【名所旧跡・遺跡】

旧奈良家住宅(秋田県立博物館分館)
(秋田県秋田市金足小泉上前8)

宝暦年間(1751年〜1763年)に豪農であった奈良家9代当主・善政(喜兵衛)によって建てられた大型農家。建設には3年の歳月と銀70貫を費やしたとされる……


大桟橋
(秋田県男鹿市船川港小浜)

荒波により、長い年月を経て大きな岩がくり抜かれたもので、男鹿を代表する景勝地のひとつ。アーチ形の橋のような形状で、観光遊覧船が下をくぐり抜け……


真山の万体仏
(秋田県男鹿市北浦真山字白根坂台134)

「男鹿の春風」(文化7年・菅江真澄)には正徳4年に僧普明が建立したという伝承が載せられている。これが真山の光飯寺金剛童子堂であり、明治の神仏分……


【神社・寺院・教会】

里宮社殿

太平山三吉神社
(秋田県秋田市広面字赤沼3-2[里宮] 太平山頂上(標高1170m)[奥宮])

全国三吉神社および太平山講の総本宮として「みよしさん」「さんきちさん」の愛称で親しまれる。古くから薬師の峰、修験の山としての太平山信仰と、力……


三皇熊野神社
(秋田県秋田市牛島西3-10-11)

秋田県南部地域の守り神として、本宮と里宮がある。本宮、里宮共に天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、伊邪那岐大神(いざなぎのおかみ)、伊邪那美……


東湖八坂神社
(秋田県潟上市天王字天王106)

延暦年間(782年〜806年)に蝦夷征伐のため奥羽に出向した坂上田村麻呂によって創建されたと伝わる。祭神は素戔嗚尊(スサノオ)で、江戸時代には久保……


出戸浜北野神社
(秋田県潟上市天王上出戸231)

祭神は菅原道真。天延年間(973年〜976年)に菅原道真の近侍であった木口因幡守が、諸国めぐりのなかで道真の衣を土中に埋めお堂を建てたことから始ま……


菅原神社
(秋田県男鹿市脇本脇本七沢35)

天正年間(1570年頃)に「脇本城築城の際、男鹿鎮護の総社となし神領160石を寄進」と記録が残る古社。創建当時は脇本城の本丸に位置していたことから……


大龍寺
(秋田県男鹿市船川港船川字鳥屋場34)

弘治年間(1555〜1558年)に再興開山した七堂伽藍の禅寺(曹洞宗)。日本海と奥羽山脈を借景に取り入れた歴史ある日本庭園と、多宝塔様式で鐘楼を兼ね……


赤神神社五社堂
(秋田県男鹿市船川港本山門前祓川35)

祭神は赤神山大神。五社堂は赤神神社の本縁とされており、中央堂に主神として赤神を祀ったので、赤神神社の名称になったとされる。現存の五棟の社殿は……


提供:男鹿市観光商工課

真山神社
(秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97)

12代景行天皇の時代に武内宿禰が使命達成、国土安泰、武運長久を祈願して主祭神を祀ったとされ、明治以降は旧県社に列格されている。正月三日は境内で……


彌高神社
(秋田県秋田市千秋公園1-16)

千秋公園にある彌高神社は、秋田県出身で江戸時代後期の国学者であった平田篤胤大人命と、同じく思想家であった佐藤信淵大人命を合祀する神社。本殿と……


日吉八幡神社
(秋田県秋田市八橋本町1-4-1)

旧久保田城下の総鎮守として知られる。宝永4年(1707年)建立の朱塗りの木造三重の塔は「秋田の日光廊」といわれるほど精巧な細工が施されており、県……


秋田県護國神社
(秋田県秋田市寺内大畑5-3)

国指定史跡「秋田城跡」に鎮座し、流造りの壮麗な社殿が美しい秋田県の神社。明治2年(1869年)に創建され、国家と地域の繁栄、平和を守る護國大神(……


【花の名所】

能登山の北限の椿
(秋田県男鹿市船川港椿)

北緯39度52分、椿漁港近くの能登山一帯は青森県の椿山周辺とともに国内のツバキの自生北限地帯とされている。春になると山全体が真っ赤なツバキ(ヤブ……


【タワー・展望台】

八望台
(秋田県男鹿市戸賀塩浜中岱)

眼下に戸賀湾や、爆裂火口湖の一ノ目潟(国指定天然記念物)、二ノ目潟を、さらには奥羽山脈や青森県境までをも眺望できる景勝地で、男鹿半島でも有数……


道の駅「あきた港」ポートタワーセリオン
(秋田県秋田市土崎港西1-9-1)

秋田港にあり、全高143mの高さを誇るタワー。5階の展望室は高さ100m、日本海や男鹿半島、太平山、鳥海山などが360度のパノラマで一望できる。タワー内……


【公園】

天王グリーンランド
(秋田県潟上市天王江川上谷地109-2)

19.8haの広さを誇る公園。園内はスカイタワーを中心に、ピクニック広場やバーベキューなどが楽しめるファミリーゾーン、歴史を楽しめる神話ゾーン、四……


秋田県農業研修センター 生態系公園
(秋田県大潟村字東1-1)

秋田の豊かな自然や、田舎の風景をモデルにして作られた公園。白神山地で有名な「ブナ林」などテーマごとに作られた植物群落が、池や小川、芝生広場と……


男鹿国定公園
(秋田県男鹿市)

面積81.56平方kmと男鹿市の41.2%に相当する公園。半島北端の入道崎から南部の門前にかけての海岸線は、波にけずられた断崖絶壁が続き、なかでも大棧……


千秋公園
(秋田県秋田市千秋公園)

江戸時代、秋田藩佐竹氏20万石の居城であった久保田城跡。史跡を数多く残し、12代に渡る藩政時代の歴史資料は、園内の佐竹史料館で見ることができる。……


秋田城跡 史跡公園
(秋田県秋田市寺内大畑)

秋田城跡のある緑に囲まれた静かな公園。春には護国神社境内から参道にかけて桜が咲き誇り、花見の名所でしられる。秋田城跡は発掘調査が行われており……


日本国花苑
(秋田県井川町浜井川字二階地内)

昭和47年から2年がかりで日本各地から200種2000本もの桜が集められた桜の名所。バラ園、ツツジ等の花木園もあり、桜だけでなく四季を通じて色々な花が……


【プール】

クアドーム ザ・ブーン
(秋田県秋田市仁別字マンタラメ213)

温泉とレジャープールの常夏リゾート。センタープールをはじめ、子どもたちに人気のウォータースライダー、流れるプール、ワンパクプールなどがある。……


【博物館】

秋田県立博物館
(秋田県秋田市金足鳰崎字後山52)

秋田市北部の県立小泉潟自然公園内にある総合博物館。秋田の歴史を紹介する「人文展示室」、生物と地質を紹介する「自然展示室」、さまざまな体験活動……


大潟村干拓博物館
(秋田県大潟村字西5-2)

平成12年4月に全国で初めて開館した干拓博物館。干拓当時の記録を展示するとともに、大潟村の発展の様子、今日の農業のすがたや環境などを村民の参画……


【美術館】

秋田県立美術館(平野政吉コレクション)
(秋田県秋田市中通1-4-2)

藤田嗣治作品を中心とする平野政吉コレクションと、秋田県民が現代の芸術を表現する場として活用できる県民ギャラリーを持つ美術館。平野政吉の依頼に……


秋田市立千秋美術館
(秋田県秋田市中通2-3-8アトリオン)

秋田総合生活文化会館・美術館(アトリオン)内にある美術館。国内外の優れた美術品による企画展を開催するほか、江戸時代後期に佐竹曙山や小田野直武……


【資料館・文学館・記念館】

男鹿真山伝承館
(秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97)

男鹿地方の典型的曲家民家。ここでは、大晦日の晩に男鹿半島全域で行われるなまはげ行事をいつでも体験できる「なまはげ習俗学習講座」を開設している……


なまはげ館
(秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢)

男鹿の民俗行事である「なまはげ」について詳しく知ることができる施設。なまはげ行事の模様や伝承する人の精神を描いた映画鑑賞をはじめ、市内各地区……


秋田市立赤れんが郷土館
(秋田県秋田市大町3-3-21)

赤れんが館、新館、収蔵庫の3つの建物から構成される資料館。このうち赤れんが館は、旧秋田銀行本店として明治45年に完成した貴重な明治時代の建築物……


秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)
(秋田県秋田市大町1-3-30)

竿燈の起源といわれる七夕行事「ねぶり流し」にちなんで「ねぶり流し館」の愛称がつけられた施設で、秋田市立赤れんが郷土館の分館。竿燈や土崎港祭り……


釣りキチ三平の家
(秋田県五城目町馬場目北ノ又)

平成20年に須賀健太主演で制作された映画「釣りキチ三平」で、三平の住居として使用された茅葺屋根の家。周囲には同じような茅葺屋根の家が残っている……


五城館
(秋田県五城目町鵜ノ木89-1)

昭和初期に建てられた土蔵づくりの農業倉庫を利用した施設。カフェテリアや居酒屋、多目的ホールを擁する。昭和初期に活躍した五城目町ゆかりの女流作……


【児童館・こどもの国】

秋田県児童会館
(秋田県秋田市山王中島町1-2)

レクリエーションホールや図書室、けやきシアター(子ども劇場、客席数778)を備える大型児童館であり、手作り工作や科学展示、子どもや親子対象の各……


【山・森・高原】

寒風山
(秋田県男鹿市脇本)

男鹿半島の付け根あたりに位置する標高355mの山。ほぼ全体が芝生で覆われており、山頂からは360度のパノラマ眺望が楽しめる。なだらかな傾斜が続くこ……


【河川・滝】

滝の頭
(秋田県男鹿市鷲ノ沢)

男鹿市の主な水源で、うっそうとした深い森の緑とエメラルドグリーンの池のコントラストが、そこだけ別世界のような幻想的な空間を演出する。寒風山に……


大瀑
(秋田県男鹿市北浦西水口)

西水口の山中、相馬館の下の方に二つの川が一つになってドーナツ状の岩の真ん中から水が落ちてくる珍しい滝。周辺には桜の木が多いところから「桜の滝……


【海岸・岬・灯台】

鵜ノ崎海岸
(秋田県男鹿市船川港女川)

男鹿半島南部の女川から台島まで続く約1500mの海岸線。干潮時には海岸の岩肌が露出するほどの浅瀬が200mほど続く。夏の夕暮れどきには、磯遊びや貝拾……


入道崎
(秋田県男鹿市北浦入道崎)

男鹿半島の最北端であり、北緯40度上に位置する。日本海を一望のもとに見渡せる景勝地で「大地」と「天空」とがダイナミックに交差する絶妙な景観を見……


【海水浴場・湖水浴場】

出戸浜海水浴場
(秋田県潟上市天王下浜山)

遠浅で家族連れにも人気の海水浴場。晴れた日には男鹿半島や鳥海山まで望めるほか、日本海に沈む夕日の眺めも格別。秋田市街からのアクセスも良好。


五里合海水浴場
(秋田県男鹿市五里合中石南浜野)

男鹿市北部に位置する海水浴場で、遠浅の海に約500mの砂浜が続く。海水浴のシーズンは海の家が開設され、軽食やシャワーの利用ができる。市街地から遠……


宮沢海水浴場
(秋田県男鹿市野石)

秋田県内でもトップクラスの水質を誇る海水浴場。海岸からは男鹿三山、天候によっては白神山地などが眺望できる。夕陽が美しいことも有名。平成18年度……


桂浜海水浴場
(秋田県秋田市浜田字境川)

秋田市の郊外にある、全長200mの砂浜が広がる波の穏やかな海水浴場。シャワーや食堂、ビーチグッズが揃う海の家もあるので、小さな子ども連れのファミ……


道川海水浴場
(秋田県由利本荘市岩城内道川)

白砂と青松で知られる海水浴場。浅瀬で透明度が高く、日本海の夕陽が美しい海岸として人気を集めている。上下水道なども整備され、海の家も営業してい……


釜谷浜海水浴場(サンセットビーチ釜谷浜)
(秋田県三種町大口字釜谷地内)

秋田県内でも水のきれいな海水浴場として、例年多くの海水浴客で賑わいをみせている。離岸堤のない自然のままの砂浜で、北に世界遺産の白神山系、南に……


【遊覧船・川下り】

男鹿海上遊覧船
(秋田県男鹿市戸賀塩浜壺ヶ沢92)

日本ジオパーク認定・男鹿半島国定公園の西海岸を巡る遊覧船。大桟橋やかもめ島(軍艦島)をはじめとする奇岩の数々は間近で見ると迫力満点。遊覧時間……


海底透視船
(秋田県男鹿市北浦入道崎)

男鹿の観光スポットの一つ。船底のガラス窓から、日本海に突き出た半島の奇岩怪石の起伏に富んだ海底と、男鹿ならではの魚や海藻など、神秘な世界の美……


【見学・体験施設】

グラススタジオヴェトロ
(秋田県秋田市太平八田字寺野92-11)

秋田市出身のガラス工芸作家・小松聡一が主宰する吹きガラス工房。花瓶、コップ、お皿、キャンディポットなど色鮮やかな作品が一点一点手作りされてい……


【動物園】

提供:大森山動物園

秋田市大森山動物園〜あきぎんオモリンの森〜
(秋田県秋田市浜田字潟端154番地)

秋田市が一望できる大森山公園の一角にある動物園。ゾウやキリンなど、約100種600点の動物を飼育しており、動物の生き生きとした姿を間近で観察できる……


【植物園】

秋田市植物園
(秋田県秋田市仁別字マンタラメ231)

太平山リゾート公園内にある植物園。秋田市の山野で望める樹木や山野草など、約250種約4000本が植栽されており、春にはミズバショウ、秋には紅葉が楽……


秋田国際ダリア園
(秋田県秋田市雄和妙法字糠塚21)

世界14カ国から集められた、700品種7000株、7万本ものダリアが咲き誇るスポット。秋田空港のアクセス道路や雄物川沿いにあり、一帯は「華の里」と呼ば……


【水族館】

提供:男鹿水族館

男鹿水族館GAO
(秋田県男鹿市戸賀塩浜)

2004年7月に開館した日本海を望む水族館。男鹿水族館の愛称「GAO」は「Globe(地球)」、「Aqua(水)」、「Ocean(大海)」の頭文字を並べたもので、……


【タウン・商店街】

エリアなかいち
(秋田県秋田市中通1-4)

秋田市の中心部に位置する千秋公園周辺の施設や広場の総称。秋田市にぎわい交流館AU(あう)、秋田県立美術館のほかに商業施設などがある。


川反通り
(秋田県秋田市大町地内)

秋田駅にほど近い、秋田市随一の歓楽街。昼間は静かな印象だが、夕方以降は賑やかな雰囲気で多くの人出で賑わう。1000軒もの店が並び、郷土料理や地酒……


【商業施設・アウトレット】

小玉醸造(蔵見学)
(秋田県潟上市飯田川飯塚飯塚34-1)

明治12年(1879年)創業の歴史ある醸造所。味噌・醤油の醸造に始まり、日本酒、焼酎も加わって現在では多彩な商品を取り扱っている。創業当時の面影を……


【市場】

秋田市民市場
(秋田県秋田市中通4-7-35)

秋田市民の台所。地元の象潟、男鹿で水揚げされた新鮮な魚介類をそろえた「水産部門」、筋子やたらこなどを量り売りで販売する「塩干・乾物部門」、旬……


【道の駅】

ブルーメッセあきた 道の駅しょうわ
(秋田県潟上市昭和豊川竜毛山ノ下1-1)

「道の駅しょうわ」として道路利用者が休憩でき、道路情報コーナーや24時間利用可能なトイレを備える。四季の花々をはじめ、昭和地区とその近郊の特産……


【観光センター】

男鹿温泉交流会館「五風」
(秋田県男鹿市北浦湯本字草木原21-2)

男鹿温泉郷の中心に位置する交流施設。観光案内所や足湯などがあり、温泉郷へ訪れる人々の交流の場となっている。週末の夜を中心に「ナマハゲふれあい……