観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

イベント・祭りアーカイブ

神田祭

江戸総鎮守として親しまれる神田明神では、日本三大祭の一つとされる「神田祭」が2年に一度行われる。6月に日枝神社で行われる山王まつりとともに江戸の二大祭礼で、現在このふたつの祭りは隔年で交互に行われ、山王まつりが行われる年は、神田祭は陰祭となって規模を縮小して斎行される。本祭りの年(西暦奇数年)は、神田囃子を先頭に3基の飾り神輿を中心とした行列が、神田から日本橋にかけての氏子各町を渡御し、翌日は氏子町会からの神輿約100基が町内を練り歩いた後、連合渡御し、神田明神の境内に宮入りする。その華やかな様子は“江戸の華”の例え通り観衆を魅了する。

前回の情報

神田祭(陰祭)

関連ホームページへ

日本三大祭りの一つに数えられ“江戸の華”と例えられてきた「神田祭」は、西暦の偶数年にあたる2018年は陰祭として開催されます。見どころは、毎年恒例の「明神能・幽玄の花(金剛流薪能)」で、江戸初期の神田祭が神事能主体の祭礼であったことから、その由緒をふまえ、社殿前の特設舞台で披露されます。そのほか表千家家元による献茶式や、神田神社の例大祭が行われます。2017年の本祭では、神田、日本橋などを華やかに巡行する神幸祭をはじめ、熱気あふれる神輿宮入などが催されました。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年5月14日〜15日
明神能・幽玄の花/14日 例大祭/15日

開催場所
東京都 神田神社(神田明神)

イベント料金
明神能・幽玄の花(金剛流薪能)/当日券3500円 ※若干数のみ、当日10:00より神社境内の受付にて販売。料金について詳しくはホームページでご確認ください。

主催
神田明神薪能実行委員会、青山イチーズ

お問い合わせ
青山イチーズ 03-3401-2247


開催場所

神田神社(神田明神)

関連ホームページへ

「大己貴命」「少彦名命」「平将門命」の三柱の神様を祭神とし、家庭円満、縁結び、商売繁昌、厄除けなどにご利益がある。境内には、日本最大規模の石造りの大国様が鎮座する。日本三大祭のひとつとされる「神田祭」が有名。

所在地
東京都千代田区外神田2-16-2

開門時間
境内自由(24時間) ※祈祷時間(1月1日〜3日/8:00〜18:00、4日〜6日/7:00〜19:00、7日〜31日/9:00〜17:00、お守り授与時間も同じ) ※都合により時間が変更となる場合があります。

お休み
無休

料金
無料 ※祈祷料/個人7000円〜、会社参拝3万円〜

お問い合わせ
神田神社(神田明神)
Mail: pub-info@kandamyoujin.or.jp

アクセス
JR中央本線「御茶ノ水駅」もしくはJR山手線「秋葉原駅」から徒歩5分

おすすめ情報