観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

イベント・祭りアーカイブ

七日堂裸まいり

1月7日の夜に行われる。街じゅうで煌々と燃えるかがり火の中、大鐘を合図に褌ひとつの男たちが、競いあって菊光堂(本堂)の大鰐口(金鼓)の麻縄をよじのぼり1年の幸福と無病息災を祈る。この奇祭は民衆の力で只見川に凄む竜神を追い払ったという伝説にちなんでおり、勇壮な祭りとして知られ多くの観光客が訪れる。着替えの場所も用意され、一般参加も可能。

前回の情報

七日堂裸まいり

福満虚空藏菩薩を祀る圓藏寺で、毎年1月7日の夜、勇壮な祭りで知られる「七日堂裸まいり」が行われます。篝火に照らされる中、午後8時30分の一番鐘を合図に、下帯一つの男衆が菊光堂を目指して113の石段を駆け上がり、大鰐口(おおわにぐち)から下がった麻縄によじ登ります。民衆の力で只見川に凄む竜神を追い払ったという伝説に由来し、極寒の中での奇祭として有名で、大勢の見物客が訪れます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年1月7日
20:30〜(一番鐘を合図にスタート)

開催場所
福島県柳津町 福満虚空藏菩薩圓藏寺

イベント料金
参加見物無料

主催
福満虚空藏菩薩圓藏寺

お問い合わせ
柳津観光協会 0241-42-2346


開催場所

福満虚空藏菩薩圓藏寺

提供:柳津町地域振興課

提供:柳津町地域振興課

地図のサイズを拡大する

大同2年(807年)、法相宗徳一大師の開基とされる。本尊の福満虚空藏菩薩は弘法大師の作とされ、丑寅生まれの守本尊として名高い。現在の本堂の菊光堂は文政13年(1830年)の再建で総ケヤキの白木造り。境内には、本堂を支える56本の八角立柱からなる大構築、会津地方の民芸品である赤べこの由来ともなった開運大撫牛がある。奥之院弁天堂は応永年間の方三間、宝形造りの単層堂で、室町時代の代表的禅宗様仏殿として国重要文化財に指定。

所在地
福島県柳津町柳津寺家町甲176

開門時間
7:00〜17:00、冬期間/7:00〜16:30

お休み
無休

料金
無料

お問い合わせ
福満虚空藏菩薩圓藏寺
Tel: 0241-42-2002 

アクセス
JR只見線「会津柳津駅」から徒歩10分

おすすめ情報