観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

イベント・祭りアーカイブ

会津絵ろうそくまつり

会津伝統工芸品のひとつである「会津絵ろうそく」を一般に広めることを目的に始まったまつり。雪景色の中にやわらかな灯火がゆらめき、温かな光を放つことから“ゆきほたる”とも呼ばれる。鶴ヶ城と御薬園を主会場に、市内各所に職人が丹精込めて作った絵ろうそくが飾られる。平成12年に始まって以降、毎年2月上旬に2日間に渡って開催されている。

前回の情報

会津絵ろうそくまつり〜ゆきほたる〜

関連ホームページへ

会津若松市のシンボルである「鶴ヶ城」と会津藩主松平氏の庭園「御薬園」をメイン会場に、会津若松市の伝統工芸品である「会津絵ろうそく」約1万本が灯されます。自然でやさしい炎が生みだす幻想的な美しさを堪能できるほか、来場者が灯すろうそくで地上絵が描かれ、天守閣からはその全景が楽しめます。

JR会津若松駅、東山温泉駅ほかから臨時バス運行(予定)

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2019年2月8日〜9日
17:30〜21:00

開催場所
福島県会津若松市 鶴ヶ城、御薬園ほか市内各所

イベント料金
入場無料 ※鶴ヶ城天守閣登閣を除く

主催
会津絵ろうそくまつり実行委員会

お問い合わせ
会津まつり協会 0242-23-4141


開催場所

鶴ヶ城(若松城跡)

関連ホームページへ

名だたる戦国武将が東北の要衝の地として治めた会津のシンボル。威風堂々とした鶴ヶ城の天守閣や公園内には広大な内堀や切り立つ石垣が数多く残り、その一つ一つには、攻め来る敵を迎え撃つための戦略的な工夫や技術が垣間見える。幕末の会津戦争では、約1か月の籠城戦に持ちこたえ、その堅城ぶりを誇った。平成23年(2011年)の春におよそ1年の歳月をかけた屋根瓦の葺き替え工事を終え、幕末当時の姿を再現。日本唯一の赤瓦の天守閣に生まれかわった。「日本さくら名所100選」の地でもある。

所在地
福島県会津若松市追手町1-1

開城時間
8:30〜17:00(入館は16:30まで)

お休み
無休

料金
天守閣と茶室麟閣の共通券/大人(高校生以上)510円、小人(中小生)150円

お問い合わせ
鶴ヶ城
Tel: 0242-27-4005 
Mail: info@tsurugajo.com

アクセス
JR磐越西線「会津若松駅」から周遊バス(ハイカラさん)「鶴ケ城入口」下車

おすすめ情報