観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

イベント・祭りアーカイブ

白根大凧合戦

越後平野の初夏を彩る風物詩として新潟県を代表する伝統行事で、東軍(白根市側)と、西軍(味方村側)に分かれて合戦する。毎年6月初旬に行われており、江戸時代の農民の小競り合いから凧合戦が始まったと伝えられている。凧は組の伝統の絵柄を使っており、中には江戸時代から継承されている絵柄もある。大空で繰りひろげられる大凧の群舞は壮観で、毎年多くの見物客が訪れる。

前回の情報

白根大凧合戦

関連ホームページへ

(c)白根大凧合戦

(c)白根大凧合戦

中ノ口川を挟んで繰り広げられる「白根大凧合戦」は、川の両岸から24畳の大凧を揚げ、空中で絡ませて川に落とし、相手の綱を切った方が勝利となります。江戸時代の中頃、中ノ口川の堤防改修工事の完成祝いに白根側の人が凧を揚げたところ、対岸の西白根側に凧が落ち、田畑を荒らしたことに腹を立てた西白根側の人が、対抗して凧を白根側にたたきつけたことが起源と伝わります。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2017年6月1日〜5日
子ども大凧合戦大会/5月31日14:00〜18:00(雨天の場合は3日9:00〜11:00) 白根大凧合戦/1日〜5日13:00〜18:00(1日は14:00頃〜、5日は〜17:30)

開催場所
新潟市 中ノ口川堤防

イベント料金
無料観覧席・観覧船あり、有料観覧席500円(「しろね大凧と歴史の館」の共通券)

主催
白根大凧合戦実行委員会

お問い合わせ
白根大凧合戦実行委員会 025-372-6505


開催場所

中ノ口川堤防

所在地
新潟県新潟市南区白根・西白根

アクセス
JR「新潟駅」から萬代橋ライン(路線番号:B1)のバス「青山」乗換〜大野・白根線(路線番号:W7)のバス「白根小前臨時停留所」〜徒歩5分

おすすめ情報