駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > レルヒ祭−日本スキー発祥107周年−

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

レルヒ祭−日本スキー発祥107周年−

関連ホームページへ

提供:公益社団法人上越観光コンベンション協会

提供:公益社団法人上越観光コンベンション協会

提供:公益社団法人上越観光コンベンション協会

提供:公益社団法人上越観光コンベンション協会

提供:公益社団法人上越観光コンベンション協会

提供:公益社団法人上越観光コンベンション協会

日本に初めてスキー術を伝えたレルヒ少佐の遺徳を顕彰する「レルヒ祭」が開催されます。金谷山スキー場では、3日に冬の花火「ミュージックスターマイン」などが行われるほか、4日は一本杖スキーの披露をはじめ、スノーモービルの体験乗車などが楽しめます。両日とも会場には屋台の出店が多数あり、食も満喫することができます。※えちごトキめき鉄道「高田駅」から無料シャトルバスが運行されます。シャトルバス運行時間内はレルヒロードの一般車両通行および、金谷山スキー場周辺の駐車場は利用できません。マイカーの場合は臨時駐車場に駐車のうえ、無料シャトルバスをご利用ください。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年2月3日〜4日
【1日目】12:00〜19:30  【2日目】9:20〜15:00

開催場所
新潟県上越市 金谷山スキー場、本町商店街 ほか

イベント料金
イベントにより有料の場合あり

主催
レルヒ祭実行委員会

お問い合わせ
レルヒ祭実行委員会(公益社団法人上越観光コンベンション協会内) 025-543-2777


開催場所

金谷山スキー場

関連ホームページへ

1911年(明治44年)、オーストリア・ハンガリー帝国の軍人であったテオドール・フォン・レルヒ少佐によって、日本に初めてスキー術が伝えられた日本のスキー発祥地。金谷山にはレルヒ少佐の功績を讃え、「大日本スキー発祥之地」の碑や、レルヒ少佐の銅像があるほか、当時の貴重な資料などを展示する日本スキー発祥記念館もある。毎年2月に、レルヒ少佐の功績を顕彰する「レルヒ祭」が行われ、多くのスキーファンが集う。ゲレンデは、上級、中級、初級コースの設定がある。

所在地
新潟県上越市大貫

オープン期間
2018年1月中旬〜3月上旬(積雪状況により変動あり)  【営業時間】9:00〜16:30 ※ナイター営業日なし

お休み
期間中無休

料金
【リフト】1回券/大人200円、子ども150円  11回券/大人2000円、子ども1500円

お問い合わせ
金谷山スキー場
Tel: 025-525-4295 

アクセス
北陸新幹線「上越妙高駅」からえちごトキめき鉄道「南高田駅」〜車約5分、またはJR信越本線「直江津駅」から山麓線のバス「ヨーデル金谷前」〜徒歩10分

おすすめ情報