駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > 越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭

関連ホームページへ

「サンヨ、サンヨ」のかけ声の中、裸の男衆がご利益ある「札」を奪い合う「越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭」が、普光寺境内の毘沙門堂で行われます。将軍の坂上田村麻呂が将士や村長、村人とともに、国家安泰、五穀豊穣、家内安全、身体健康を祈り、祝宴の中で歌い踊って士気を鼓舞したことから始まったとされます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年3月3日
福餅参与・配布/11:00〜(数回にわけて行われます)、メインの押合/18:30〜23:00

開催場所
新潟県南魚沼市 普光寺境内

主催
押合大祭委員会

お問い合わせ
押合大祭委員会 025-777-3773、大和観光協会 025-777-3054


開催場所

普光寺

関連ホームページへ

承久3年(1221年)に鎌倉幕府が建てた大伽藍が創始といわれている。慶長年間の火災により一旦焼失、以後約70年間にわたり本格的な寺院建築の寺がないまま経過し、延宝8年(1680年)、檀信徒の協力を得て再建したのが現在の普光寺である。寺宝館には毘沙門堂に関わる大名や豪族などの寄進状、禁制札、別当職譲渡認可状などを展示している。石像仏としては日本最大といわれる不動明王も鎮座する。奇祭で知られる裸押合大祭は毎年3月3日に開催。

所在地
新潟県南魚沼市浦佐2495

料金
内陣・寺宝館(案内人付)を利用する場合/1人300円(要予約)

お問い合わせ
普光寺
Tel: 025-777-2001 

アクセス
JR上越線「浦佐駅」毘沙門天口(西口)から徒歩5分

おすすめ情報