駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > 森羅万象をまとう−友禅人間国宝 木村雨山と二塚長生の仕事−

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

森羅万象をまとう−友禅人間国宝 木村雨山と二塚長生の仕事−

関連ホームページへ

木村雨山「友禅花鳥文訪問着」東京国立近代美術館蔵

木村雨山「友禅花鳥文訪問着」東京国立近代美術館蔵

加賀の地にゆかりのある2人の人間国宝を紹介する「森羅万象をまとう−友禅人間国宝 木村雨山と二塚長生の仕事−」が、石川県立美術館で開催されます。木村雨山は、糸目糊置き(いとめのりおき)や叙情的な色ぼかしなど、日本画の修練で身につけた技術を友禅に応用した作品が、二塚長生は、日本画の運筆を生かして糸目糊の線による表現を追求し自然の本質を表す作風が評価され、認定を受けました。同展覧会では、62点におよぶ友禅振袖、訪問着などの代表作が一堂に公開され、友禅の魅力を再発見できる機会となっています。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年1月4日〜2月12日
9:30〜18:00(入場は17:30まで)

開催場所
金沢市 石川県立美術館

イベント料金
一般1000円、大学生・65歳以上800円、高校生以下無料

主催
石川県立美術館

お問い合わせ
石川県立美術館 076-231-7580


開催場所

石川県立美術館

関連ホームページへ

提供:石川県立美術館

提供:石川県立美術館

提供:石川県立美術館

提供:石川県立美術館

提供:石川県立美術館

提供:石川県立美術館

地図のサイズを拡大する

特別名勝兼六園に隣接する兼六園周辺文化ゾーンの中心に位置する総合美術館。古九谷をはじめとする古美術品や、石川県ゆかりの作家を中心とする日本画、洋画、彫刻、工芸の近現代作品までを展示している。特に加賀蒔絵や九谷焼、人間国宝を中心とした伝統工芸作品が充実している。加賀藩前田家伝来の文化財を管理する、公益財団法人前田育徳会所蔵の専用展示室もある。美術館主催の企画展や団体展も随時開催している。

所在地
石川県金沢市出羽町2-1

開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)

お休み
展示替え期間中

料金
コレクション展示/一般360円、大学生290円、高校生以下無料

お問い合わせ
石川県立美術館
Tel: 076-231-7580 
Mail: ishibi@pref.ishikawa.lg.jp

アクセス
JR「金沢駅」東口6番から「兼六園シャトル」バス「県立美術館・成巽閣前」〜徒歩2分

おすすめ情報