観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

秋保温泉

関連ホームページへ

写真提供:仙台市観光交流課

写真提供:仙台市観光交流課

地図のサイズを拡大する

“仙台の奥座敷”と称される緑豊かな渓谷、名取川沿いに湧く温泉で、鳴子温泉、飯坂温泉とならぶ奥州三名湯のひとつ。約1500年前の開湯と伝わり、第29代欽明天皇(509〜571年)が天然痘(皮膚病)を患った際、取り寄せた秋保の湯で全快したことで「名取の御湯」の称号を賜った。12世紀末頃から温泉街が形成され、伊達藩の浴館が置かれていたこともある。現在では近代的な温泉宿が並び、多くの観光客が訪れる。

泉質−塩化物泉/泉温−32〜85度/効能−冷え性、神経痛、疲労回復

所在地
宮城県仙台市太白区秋保町湯元

お問い合わせ
秋保温泉郷観光案内所
Tel:022-398-2323 

アクセス
JR仙山線「愛子駅」からバス約15分「秋保文化の里センター」下車、またはJR「仙台駅」からバス約50分「秋保温泉湯元」下車

おすすめ情報