観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

作並温泉

関連ホームページへ

広瀬川の上流、山形県境の近くにあり、秋保温泉とともに仙台の奥座敷として親しまれてきた作並温泉。養老5年(721年)に僧、行基が発見したといわれ、文治5年(1189年)には源頼朝軍が休息を取ったとされる。源泉は広瀬川の川床に数多くあり、湯量も豊富で岩風呂や露天風呂のある宿が多い。近辺は伝統こけしの産地であり、温泉街の入口では大きなこけしが出迎えてくれる。

泉質−硫酸塩泉/泉温−70〜43度/効能−切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛

所在地
宮城県仙台市青葉区作並

お問い合わせ
仙台市宮城地区観光案内所
Tel:022-395-2052 

アクセス
JR仙山線「作並駅」から仙台市営バス「作並温泉入口」下車

おすすめ情報