観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

宇奈月温泉

関連ホームページへ

足湯「おもかげ」

足湯「おもかげ」

地図のサイズを拡大する

日本最大のV字峡(深さ1500m)といわれる黒部峡谷の玄関口にある。開湯は大正12年(1923年)、黒部川の電源開発の際に黒薙温泉から引湯したのが始まり。当時は多くの建設関係者で賑わい、与謝野鉄幹、晶子夫妻、宮柊二、英子夫妻、田中冬二ら文人墨客も訪れている。山菜やキノコなどの山の幸はもちろん、富山湾の新鮮な魚介類を味わえるのも魅力。現在は15軒の宿泊施設が揃い、登山客やスキー客も数多く訪れる富山県下最大の温泉地となっている。開湯80周年を記念して造られた足湯「おもかげ」は、足元に黒部川の急流に洗われた自然石を使用し、あずまやの下でのんびりくつろげる。駅前には温泉噴水があり、街のシンボル的存在。

泉質−弱アルカリ性単純泉/泉温−43〜87.8度/効能−神経痛、冷え性、疲労回復、美肌効果

所在地
富山県黒部市宇奈月温泉

お問い合わせ
宇奈月温泉旅館協同組合
Tel:0765-62-1021 
Mail: info@unazuki-onsen.com

アクセス
北陸新幹線「黒部宇奈月温泉駅」乗換富山地方鉄道「新黒部駅」から「宇奈月温泉駅」下車

おすすめ情報