観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

志波彦神社・鹽竈神社

関連ホームページへ

東北鎮護、陸奥国一之宮として、朝廷や庶民の崇敬を集めた鹽竈神社は、別宮に鹽土老翁神、左宮に武甕槌神、右宮に経津主神の3柱を祀り、安産守護、延命長寿、海上安全などの神として信仰されてきた。宝永元年(1704年)に竣工した社殿は三本殿二拝殿の壮大で整然とした配置で、平成14年(2002年)に国の重要文化財に指定された。一方、志波彦大神を祀る志波彦神社は、朝廷から「明神大社」という最高の崇敬を受け、宮城郡岩切村(仙台市岩切)の冠川の畔に鎮座していたものを、明治7年(1874年)に鹽竈神社の別宮に遷座し、後に鹽竈神社境内に社殿が造営され、昭和13年(1938年)に現社殿が完成。本殿と拝殿は鹽竈神社とは異なる朱黒の極彩色漆塗りで、市の文化財に指定されている。

所在地
宮城県塩竈市一森山1-1

開門時間
5:00〜20:00

お休み
無休

料金
無料

お問い合わせ
志波彦神社 鹽竈神社社務所
Tel:022-367-1611 

アクセス
JR仙石線「本塩釜駅」から徒歩15分

おすすめ情報


イベント・催し

鹽竈神社帆手祭

関連ホームページへ

鹽竈神社の帆手祭は、約300年前、火伏祭として町内の厄除けと繁栄を祈願したことが始まりとされます。日本三大荒神輿のひとつで、重さ250貫(約1t)以上もある神輿を白丁姿の担ぎ手16人で担ぎ、202段の表参道を下って市内を巡幸します。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年3月10日
本殿祭/10:00〜、発輿祭/11:00頃〜

開催場所
宮城県塩竈市 鹽竈神社および市内一円

主催
志波彦神社 鹽竈神社

お問い合わせ
志波彦神社鹽竈神社社務所 022-367-1611

しおがまさま神々の花灯り

関連ホームページへ

(c)塩竈市観光物産協会

(c)塩竈市観光物産協会

「しおがまさま」の愛称で親しまれる鹽竈神社が桜で満開となる頃、参道や202段の表坂がライトアップされます。由緒ある荘厳な舞殿では雅楽や琴が演奏され、境内の随所で古代笛が奏でられます。優しく照らされた桜は、昼間とは違った表情を見せ、風情ある灯りと音の競演が楽しめます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年4月13日〜14日
両日/18:30〜20:30 ※雨天強風時中止

開催場所
宮城県塩竈市 鹽竈神社境内

イベント料金
無料

主催
塩釜市青年四団体連絡協議会

お問い合わせ
塩釜市青年四団体連絡協議会 022-367-5111

鹽竈神社 花祭(神輿渡御)

関連ホームページへ

提供:志波彦神社・鹽竈神社

提供:志波彦神社・鹽竈神社

塩竈市内を神輿が渡御する鹽竈神社の「花祭」は、毎年4月第4日曜に執り行われます。安永年間、水害干天の不作を嘆き、氏子が鹽竈神社に祈願したところ、気候が回復し作柄が良くなったことから、感謝の意を込めて氏子祭を行ったのが始まりと伝わります。以来200年以上の歴史があり、改暦後は境内の桜が満開の時期に行われることから「花祭」といわれるようになりました。雅楽の流れる中、「白丁」と呼ばれる白装束を纏った輿丁(よちょう)たちが約1tの御神輿を担ぎ、稚児行列を従えて街中を御神幸します。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年4月22日

開催場所
宮城県塩竈市 鹽竈神社 境内および市内

お問い合わせ
志波彦神社・鹽竈神社社務所 022-367-1611