観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

龍王峡

関連ホームページへ

鬼怒川温泉と川治温泉の間に位置する渓谷で、その名のとおり、龍がのたうつ姿を思わせる迫力のある景観が川岸に続く。およそ2200万年前、海底火山の活動によって噴出した火山岩が鬼怒川に侵食され、現在の形になったといわれる。渓谷の入り口の虹見滝から上流のむささび橋にかけては、白龍峡と呼ばれる最も見ごたえがある場所。むささび橋からの眺めは、四季折々に巨岩と清流がおりなす芸術品が眼前に広がり、とりわけ、紅葉のシーズンは渓谷一帯がひときわ美しく映える。

所在地
栃木県日光市藤原

お問い合わせ
日光市観光協会鬼怒川・川治支部
Tel:0288-77-2052 

アクセス
JR両毛線「栃木駅」から野岩鉄道会津鬼怒川線「龍王峡駅」〜徒歩3分

おすすめ情報