観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

新宮熊野神社「長床」

関連ホームページへ

天喜3年(1055年)源頼義の勧請の古社。拝殿の「長床」は、平安時代の貴族の住宅建築である寝殿造りの主殿の形式を踏襲したもの。44本の太い柱が立ち並ぶ正面9間、側面4間の壁も窓もない吹き抜けの壮大な建物で、国の重要文化財に指定されている。修験者が厳しい修行を行うための道場として使用されていたと伝えられている。

所在地
福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258

開門時間
8:30〜17:00

お休み
冬期間の平日(12月〜3月)

料金
大人300円、高校生200円、中学生以下無料 ※無料公開/1月1日〜3日

お問い合わせ
新宮地区重要文化財保存会
Tel:0241-23-0775 

アクセス
JR磐越西線「喜多方駅」から車約10分

おすすめ情報


イベント・催し

新宮熊野神社「長床」と紅葉

関連ホームページへ

源頼義の勧請の古社、新宮熊野神社では、例年11月になると、境内の高さ30mにもおよぶ大イチョウの黄葉が始まります。国の重要文化財に指定されている拝殿の「長床」は、平安時代の貴族の住宅建築である寝殿造りの主殿の形式を踏襲したもので、壁も窓もない吹き抜けに立ち並ぶ44本の太い柱と、まるで黄色い絨毯を敷き詰めたかのような大イチョウの落葉の、この時期ならではの見事な景観が広がります。見頃にあわせてライトアップも行われます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年11月中旬〜下旬
開門時間/8:30〜17:00 ※長床「大イチョウ」ライトアップ/11月中旬〜(17:30〜19:30拝観無料)

開催場所
福島県喜多方市 新宮熊野神社「長床」

イベント料金
拝観料/大人300円、高校生200円、中学生以下無料

お問い合わせ
新宮地区重要文化財保存会 0241-23-0775