観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

韮山反射炉

関連ホームページへ

幕末期、欧米諸国の開国要請に対抗して、日本(江戸)を守るために、韮山代官であった江川太郎左衛門が、幕府に進言して築いた金属溶解炉。品川沖に作られたお台場(砲台)に据えるための大砲を鋳造するもので、安政4年(1857年)に完成し、元治元年(1864年)の使用中止までに大小の大砲数百門を鋳造した。炉体と煙突が、完全な形で現存している日本唯一の産業遺産で、国指定史跡であるほか、ユネスコ認定の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」にも含まれる。※「伊豆長岡駅」から有料シャトルバス運行あり(運行日時については問合せが必要)

所在地
静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268

公開時間
9:00〜16:30

お休み
無休

料金
大人100円、中小生50円 

お問い合わせ
韮山反射炉
Tel:055-949-3450 

アクセス
JR東海道本線「三島駅」から伊豆箱根鉄道「伊豆長岡駅」〜車約5分

おすすめ情報