観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

日光山中禅寺

関連ホームページへ

世界遺産「日光山輪王寺」の別院で、本尊の「十一面千手観世音菩薩」は、国の重要文化財に指定されている。勝道上人が中禅寺湖上に現れた千手観音の姿を、根が張った桂の立木に彫ったことから「立木観音」と呼ばれるようになった。毎年6月18日の「中禅寺講(観音講)」や、8月4日の「船禅頂(ふなぜんじょう)」、9月の「日光修験秋峰修行大護摩供」などが有名。五大堂からは、北岸にそびえる雄大な男体山を背景に、日光国立公園を代表する中禅寺湖の絶景が望め、初夏の新緑、秋の紅葉と四季折々の景観美が楽しめる。坂東三十三観音霊場の第十八番札所としても、多くの人が巡礼に訪れる。

所在地
栃木県日光市中宮祠2578

拝観時間
4月〜10月/8:00〜17:00、11月/8:00〜16:00、12月〜2月/8:30〜15:30分、3月/8:00〜16:00(拝観受付は終了30分前まで)

料金
大人500円、中小生200円 ほか

お問い合わせ
日光山中禅寺
Tel:0288-55-0013 

アクセス
JR日光線「日光駅」または東武日光線「東武日光駅」から「中禅寺温泉行」「湯元温泉行」のバス約50分「中禅寺温泉」〜徒歩20分(期間限定で「立木観音前行」の運行あり)

おすすめ情報