観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

大谷観音

関連ホームページへ

自然の岩壁に彫刻された高さ約4mの千手観音像は、大谷寺の本尊で、平安初期、弘法大師によって作られたと伝わる。造立当時は、金箔仕上げの煌びやかなものであったと推定される。鎌倉時代に、坂東三十三観音の十九番の札所に定められた。釈迦三尊像、薬師三尊像、阿弥陀三尊像とあわせて「大谷磨崖仏」と呼ばれ、日本最古の石仏として、国の特別史跡および重要文化財に指定されている。自然の岩山は国の名勝指定。

所在地
栃木県宇都宮市大谷町1198

拝観時間
4〜9月/8:30〜17:00、10月〜3月/9:00〜16:30(受付は20分前に終了)

お休み
1月〜3月の第2・4木曜(祝休日の場合は前日の水曜が休み)、12月19日〜31日

料金
拝観料/大人400円、中学生200円、小人100円

お問い合わせ
大谷寺
Tel:028-652-0128 

アクセス
JR「宇都宮駅」から「立岩行」の関東バス約30分「大谷観音前」〜徒歩2分

おすすめ情報