観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

東北電力三居沢電気百年館

関連ホームページへ

仙台の青葉山の麓、広瀬川沿いにある、電気の役割や歴史を紹介する資料館で、三居沢の地に電灯が点ってから100年の節目となる昭和63年(1988年)に開館した。三居沢は日本の水力発電発祥の地で、隣接する三居沢発電所は明治21年(1888年)以来、現在も現役で稼動しており、建屋が国の有形文化財に登録されている。百年館では発電所の全容や発電のしくみを映像などで紹介するほか、ガラス越しに実際の発電機を見ることもできる。広瀬川や青葉山に生息している生き物などの情報が得られる「水と森の図鑑」、人と自然が仲よく暮らすためのヒントが見つかる「水と森のアトリエ」では、自然とエネルギーの関係も学ぶことができる。桜の名所として知られる交通公園も近い。

所在地
宮城県仙台市青葉区荒巻字三居沢16

開館時間
10:00〜16:00

お休み
毎週月曜(祝休日の場合は翌日、連休の場合は翌平日)

料金
入場無料

お問い合わせ
東北電力三居沢電気百年館
Tel:022-261-5935 

アクセス
JR「仙台駅」からバス(るーぷる仙台)「交通公園・三居沢水力発電所前」〜徒歩3分もしくは市営バス「三居沢交通公園前」〜徒歩3分

おすすめ情報