駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > 福井県の観光名所・社寺・絶景

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

福井県の観光名所・社寺・絶景

イベント・お祭りアーカイブ

【城郭・城跡】

福井城址
(福井県福井市大手3-17-1)

徳川家康のニ男・初代福井藩主・結城秀康が慶長11年(1606年)に築城し、約270年間17代にわたり越前松平家の繁栄の舞台となった名城。築城……


丸岡城
(福井県坂井市丸岡町霞町1-59)

1576年(天正4年)に柴田勝豊が築城した日本最古の天守閣を持つ城。2層3階建ての特殊な建築法で建てられ、石瓦をのせた初期天守の特徴が表……


越前大野城
(福井県大野市城町3-109)

天正3年(1575年)、織田信長より大野郡の3分の2を与えられた金森長近により、4年の歳月をかけて築城された。2層3階建の大天守、2層2階の小……


【名所旧跡・遺跡】

養浩館庭園
(福井県福井市宝永3-11-36)

元禄12年(1699年)、7代藩主・松平吉品によって大改修された旧福井藩主松平家の別邸を有する回遊式林泉庭園。現存する最古の絵図面「御泉……


北の庄城址・柴田公園
(福井県福井市中央1)

天正11年(1583年)、豊臣秀吉の軍に攻められた勝家は、妻のお市の方や一族とともに壮絶な最後を遂げ、同時に北の庄城もわずか8年という短い……


一乗谷朝倉氏遺跡
(福井県福井市城戸ノ内町)

福井市の南東約13kmに位置する一乗谷は、かつて、戦国大名朝倉氏の本拠地であった地で、発掘された朝倉義景館跡をはじめ、武家屋敷、寺院、……


平泉寺拝殿

国史跡白山平泉寺旧境内
(福井県勝山市平泉寺町平泉寺)

霊峰白山の越前側登拝口に広がる白山平泉寺の旧境内は、国の史跡に指定されている。約1300年前、泰澄によって開かれたとされる白山信仰の拠……


朝倉義景墓所
(福井県大野市泉町10)

織田信長との戦いに敗れた越前の戦国武将、朝倉義景の墓所。天正元年(1573年)、一乗谷から大野の地へと逃げた義景は、大野六坊賢松寺で朝……


武家屋敷旧内山家
(福井県大野市城町10-7)

幕末期の大野藩で「更始の令」と呼ばれる改革令のもと、藩の財政再建に力を尽くした家老内山七郎右衛門良休と、隆佐良隆の兄弟が暮らした屋……


旧森田銀行本店
(福井県坂井市三国町南本町3-3-26)

大正9年(1920年)に本店として落成。外観は、西欧の古典主義的なデザインで、内部は、豪華な漆喰模様がある。細部のデザインや技術へのこ……


坂井市教育委員会文化課提供

旧岸名家
(福井県坂井市三国町北本町4-6-54)

代々材木商であった新保屋惣助の住宅で、近辺は幕末から明治にかけて三国湊の商業の中心であった。主屋は三国独特の建築様式の「かぐら建て……


三国港突堤(エッセル堤)
(福井県坂井市三国町宿2)

三角港(熊本県)、野蒜港(宮城県)と並び「明治三大築港」といわれる。明治初期にオランダ人技師エッセルが設計し、オランダ独自の工法を……


赤煉瓦倉庫
(福井県敦賀市港町)

福井県内でも有数のレンガ建築物。外国人技師の設計によって1905年に建てられた当時は石油貯蔵庫として使われ、数年前までは昆布貯蔵庫とし……


旧鯖江地方織物検査所
(福井県鯖江市旭町1-6-6)

人絹(じんけん)織物検査所の事務所として建てられたもので木造2階建、桁行5間×梁間4間の規模を有する。屋根は寄棟造桟瓦葺、梁間中央に……


恵美写真館
(福井県鯖江市本町3-1-28)

明治28年(1895年)の創業で、明治30年(1897年)に、今立郡役場から受けた写真師鑑札も遺されている。旧北陸道の一筋東側の通りに面して、……


王山古墳群
(福井県鯖江市日の出町)

王山古墳群は、鯖江台地南端の独立丘陵「王山」に分布し、弥生時代(3世紀)から古墳時代中期(5世紀)にかけて、現在総数49基の墳墓・古墳……


継体天皇像
(福井県福井市足羽上町)

足羽川・九頭龍川の治水にあたり、笏谷石の採掘をすすめるなど、福井の礎を築いた第26代継体天皇の功績を称えて三段広場頂上に建てられた。……


吉崎御坊跡
(福井県あわら市吉崎)

浄土真宗中興の祖といわれる蓮如上人が北陸布教の拠点としたところ。通称、御山と呼ばれる吉崎御坊跡(国指定史跡)には、高村光雲作の蓮如……


【神社・寺院・教会】

神明神社
(福井県福井市宝永4-8-1)

延長2年(924年)の御鎮座で、天照皇大神を御祭神とし、戦国大名・朝倉氏をはじめ、歴代国主から篤い崇敬を受けた。地元では「おしんめさん……


大安禅寺
(福井県福井市田ノ谷町21-4)

万治元年(1658年)に第4代福井藩主の松平光通が建立。本堂裏山には、笏谷石1360枚の石畳と約4mの墓石が並ぶ越前松平家の墓所「千畳敷」が……


永平寺
(福井県永平寺町志比5-15)

寛元2年(1244年)、道元禅師が坐禅修行の道場として創建。曹洞宗の本山。三方を山に囲まれ、境内には樹齢700年におよぶ老杉がそびえる深山……


国生山佛性寺 黒谷観音
(福井県大野市下黒谷18-52)

平城天皇の夢のお告げにより、京都黒谷から807年にこの地に移転した古刹。本尊の十一面観音は、京都清水寺本尊の十一面千手観音で、奈良橘……


宝慶寺
(福井県大野市宝慶寺1-2)

深い杉木立に覆われた曹洞宗の名刹で、大本山永平寺に次いで日本曹洞第二道場としても知られる。開山は中国宋時代の高僧・寂円禅師。今も道……


永正寺
(福井県坂井市三国町神明2-10-42)

昔、滝谷の西山に開山した真宗大谷派寺院で戦国時代末期ごろ現在地に移った。第17世永言(巴浪)は「夕陽観」と呼ばれ、文人墨客を招いて河……


瀧谷寺
(福井県坂井市三国町滝谷1-7-15)

永和元年(1375年)に創建された真言宗智山派の寺院。越前の国を治めた朝倉氏や柴田氏、松平氏など、代々藩主の祈願道場として栄えた。境内……


大湊神社
(福井県坂井市三国町安島)

北陸福井の北端、日本海に浮かぶ「雄島」に鎮座する神社。創建は白雉年間(650年〜)勤請と伝えられ、三保大明神、彦太忍信命、石衝別命、……


金崎宮
(福井県敦賀市金ヶ崎町1-4)

延元元年(1336年)恒良、尊良両親王を守護した新田義貞が足利軍と戦った古戦場・金ケ崎城跡地にある。小高い山にあるため眺めもよく、桜の……


氣比神宮
(福井県敦賀市曙町11-68)

大宝2年(702年)造営と伝わる港町敦賀のシンボル。「けひさん」の愛称で親しまれ、境内には高さ11mの大鳥居がある。木造のものとしては、……


紙祖神岡太神社・大瀧神社
(福井県越前市大滝町23-10)

全国でも珍しい、紙の神様「川上御前」を祀り、紙業界の鎮守として知られる神社。山頂にある奥の院と、ふもとの里宮から成る。雄略天皇の時……


千代鶴神社
(福井県越前市京町2-4)

越前市の伝統的工芸品「越前打刃物」の祖といわれる刀匠千代鶴国安を祭っている。千代鶴の池は国安が刀を打つ水を汲んだと伝えられており、……


引接寺
(福井県越前市京町3-3-5)

長享2年(1488年)天台真盛宗の開祖、真盛(しんせい)上人により草創された天台真盛宗別格本山。総ケヤキ造りの山門の豪華さは市内に例を……


総社大神宮
(福井県越前市京町1-4-35)

古代に国司は、各社の神々を勧請して総社を建立し、総社に詣でることによって、各社の巡拝に替えたといわれている。越前の総社は鎌倉時代の……


本山誠照寺
(福井県鯖江市本町3-2-38)

本山誠照寺は浄土真宗越前三門徒の中心寺院として、福井市の専照寺、鯖江市横越の證誠寺とともに栄えてきた親鸞上人ゆかりの寺院。 禅宗様……


劔神社
(福井県越前町織田113-1)

織田信長が氏神と崇めた神社。一の宮の気比神宮に続いて越前国二の宮という格の高さを誇る。境内の梵鐘は国宝で、第49代光仁天皇の大願成就……


明通寺
(福井県小浜市門前5-21)

大同元年(806年)、桓武天皇の時代、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷征伐などによる多くの犠牲者を慰霊するために創建したと伝わる古刹。荘……


提供:公益社団法人福井県観光連盟

神宮寺
(福井県小浜市神宮寺30-4)

若狭比古神の神願寺として建立された天台宗の古刹。毎年3月2日の、奈良の東大寺二月堂に香水を送る「お水送り」神事が有名で、“神事”とい……


足羽神社
(福井県福井市足羽上町108)

継体天皇自創の特徴と1500有余年という長い歴史と深い信仰を有し、越前祖神と称される神社。特に子宝・安産祈願にと多くの人が訪れる。また……


三方石観世音
(福井県若狭町三方22-1)

手足の病にご利益があるとされる観音堂で、北陸三十三ヶ所霊場の第7番札所として親しまれている。観音様には右手首から先がなく、延暦年間……


【街並み・街道】

思案橋

三国
(福井県坂井市三国町神明ほか)

宝亀8年(778年)の『続日本記』にその名があがる。三国湊と呼ばれ、中世には奈良興福寺の荘園として、物資の積出港となり、以後明治中期ま……


シンボルロード(松本零士モニュメント)
(福井県敦賀市)

敦賀市の駅前商店街、通称シンボルロードには漫画家松本零士の「銀河鉄道999(スリーナイン)」と「宇宙戦艦ヤマト」の名場面をストーリー……


蔵の辻
(福井県越前市蓬莱町)

JR武生駅から西へ350mほどのところにある、白壁の蔵が立ち並ぶおしゃれな一角「蔵の辻」。江戸時代以降、関西から北陸方面への物資の中継……


越前和紙の里
(福井県越前市新在家町)

1500年の歴史と品質を誇る越前和紙の産地今立地区。越前和紙の職人技を見学したり、紙漉きを実際に体験できる施設などが並ぶ230mの通りを中……


小浜
(福井県小浜市小浜香取、小浜貴船ほか)

古来より日本海側の物資を京へ運ぶ中継港として繁栄。その要衝の地に、大永2年(1522年)若狭守護武田氏が築城、城下町となる。江戸初期、……


今庄宿
(福井県南越前町)

北国街道上にあり、江戸時代、福井藩の参勤交代の宿場町として栄えた。塗籠(ぬりごめ)土蔵と越前瓦が特長の京藤甚五郎(きょうとうじんご……


鯖街道熊川宿
(福井県若狭町熊川)

若狭と京都を結ぶ鯖街道の中継地点にあり、江戸時代には宿場町として栄えた地域。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、当時の面影を……


【花の名所】

味真野小学校の桜
(福井県越前市池泉町9-1)

小学校の校庭の真ん中にすっくと育つ樹齢150年の1本のエドヒガンサクラ。咲き誇る姿は圧巻。見ごろの時期に合わせて、桜のライトアップも行……


提供:公益社団法人福井県観光連盟

足羽川桜並木
(福井県福井市つくも1丁目付近)

市の中央を流れる足羽川の木田橋から新明里橋までの堤防は、日本一とも言われる桜並木が続く。約600本、2.2km続く桜のトンネルは「日本さく……


花はす公園
(福井県南越前町中小屋)

杣山(そまやま)城跡の麓にある、広さ3万3000平方mの公園。園内にある「世界の花蓮池」では、世界各国の花はす108種類が咲き誇り、7月上旬……