駅たびnet > めぐれーる > 神宿る弥彦の湯、摂田屋でレトロ散歩
神宿る弥彦の湯、摂田屋でレトロ散歩
新潟県1泊2日

神宿る弥彦の湯、摂田屋でレトロ散歩

「おやひこさま」と呼ばれ信仰を集める彌彦神社でパワーチャージしたら温泉でリラックス。レトロな摂田屋の街並みで歴史散歩を楽しみましょう。

コース概要

万葉の昔から越後一ノ宮として人々の信仰を集めてきた彌彦神社。荘厳な雰囲気の境内にはたくさんのパワースポットが。背後の弥彦山からは、日本海を一望するすばらしい眺めも楽しめます。神社の門前に広がる弥彦温泉は2ヶ所の源泉があり、湯量も豊富です。明治から大正期の蔵造りの建物が多く残る醸造の町、摂田屋では、蔵にコテを使って描き出した美しいレリーフ画が見られます。昔ながらの製法を守る蔵元から洩れだす、やわらかな香りも魅力です。

コース経路

1泊2日コース
スポットにマウスを乗せると詳細が表示されるよ!
コーススタート

東京駅

上越新幹線約1時間50分

燕三条駅

弥彦線普通列車約30分

弥彦駅

徒歩約15分

彌彦神社

彌彦神社

彌彦神社
地元では「おやひこさま」の名で親しまれています。天照大神のひ孫にあたる天香山命が祭神で、古代より朝廷・将軍家、武将たちに厚く信仰され、万葉集にも彌彦神社を詠んだものが2首あるほど。現在の建物は大正5年(1916年)に再建されたものです。 写真−提供:弥彦観光協会
無料シャトルバス約3分、または徒歩約10分

弥彦山ロープウェイ

弥彦山ロープウェイ

弥彦山ロープウェイ
弥彦山麓から山頂までの1000mを5分間で結んでいます。東に雄大な越後平野、西に佐渡が見渡せ、山頂からは日本海のパノラマが一望できます。ロープウェイ乗り場までは弥彦神社拝殿脇から無料バス(所要約2分)が運行されています。
ロープウェイで約5分

弥彦山

弥彦山

弥彦山
彌彦神社のご祭神をお祀りしているとされています。山麓からはロープウェイが運行しており、山頂公園には、100mの高さの回転昇降展望塔「パノラマタワー」やレストランもあります。山頂からはぐるりと360度の視界が開け、日本海と越後平野の大パノラマが楽しめます。 写真−提供:弥彦観光協会
ロープウェイ山頂駅より徒歩約20分

御神廟(奥の院)

御神廟(奥の院)

御神廟(奥の院)
弥彦山頂にあり、彌彦神社のご祭神・天香山命と妃神・熟穂屋姫命が仲良く祀られています。縁結びにご利益のある人気のパワースポットです。
徒歩約20分、ロープウェイで約5分

弥彦山ロープウェイ山麓駅

徒歩約20分

弥彦公園

弥彦公園

弥彦公園
敷地約4万坪、彌彦神社の再建と鉄道の開通を記念して造られました。滝や渓流、高台、トンネルなどが配され、特にもみじ谷の観月橋は昔の木橋を再現したもので秋の紅葉が絶景です。一帯は小高い丘陵地で、頂上の御殿山に通じる散策路も整備されています。 写真−提供:弥彦観光協会
徒歩または送迎

弥彦温泉郷で宿泊

弥彦温泉郷で宿泊

弥彦温泉郷で宿泊
温泉情緒溢れる街並みに約13軒の宿泊施設が揃っています。湯量豊かな「やひこ桜井郷温泉」、そして新たに給湯が始まった「弥彦湯神社温泉」と2種の源泉があり、日帰り入浴可能な施設もあります。 写真−弥彦観光協会
徒歩または送迎

弥彦駅

弥彦線普通列車約35分

東三条駅

信越本線普通列車約27分

長岡駅

徒歩約5分

河井継之助記念館

河井継之助記念館

河井継之助記念館
越後長岡藩士「長岡の蒼龍」と呼ばれた河井継之助の生涯を紹介しています。長岡藩旗や長岡城攻防戦に使用したガトリング砲のレプリカ、座右の銘の書、江戸から松山まで約半年に渡る諸国遊歴の模様を綴った旅日記「塵壺」など多様な資料が展示されています。
徒歩約5分

長岡駅

信越本線普通列車約5分

宮内駅

徒歩約10分

摂田屋のまちなみ

摂田屋のまちなみ

摂田屋のまちなみ
江戸時代より味噌・醤油・酒と醸造業が盛んな地域で、殿様街道と呼ばれた旧三国街道沿いに今も当時の建物が数多く残っています。レトロな雰囲気の街並みに今も6軒の蔵元があり、地元ならではのお土産が手に入ります。
散策約1〜2時間

吉乃川酒蔵資料館 瓢亭

吉乃川酒蔵資料館 瓢亭

吉乃川酒蔵資料館 瓢亭
旧三国街道沿い、吉乃川蔵元の敷地内にあります。昔の酒造用具や、酒造りの写真などの展示があり、歴代の館長が作る瓢箪が飾られています。作業工程を映した映像もあり、館長が細かい質問にも答えてくれます。お土産選びには試飲もできるのが嬉しい。(要予約)
徒歩すぐ

機那サフラン酒製造本舗

機那サフラン酒製造本舗

機那サフラン酒製造本舗
道具蔵が極彩色のこて絵で飾られています。謎の左官職人・河上伊吉が大正時代末期に仕上げたもので国の登録有形文化財になっています。当時薬用酒として大人気だったサフラン酒が広告として作らせたものでその美しさは日本一のこて絵といわれています。
徒歩約10分

宮内駅

信越本線普通列車約5分

長岡駅

上越新幹線約1時間40分

東京駅

凡例

このコースのポイント

弥彦駅から彌彦神社までの参道には、宿や土産物屋に混じって、大銀杏や樹齢千年と言われる蛸ケヤキなど見どころがあります。まず宿に荷物を預けて、のんびり散策が良いですね。

弥彦山山頂からは夕日の眺めがすばらしいので、お天気が良ければ、弥彦公園へ先に回って、弥彦山へは夕方に登るのも良いでしょう。

弥彦山山頂からの下山は、登山道を歩いて降りるのも良いでしょう。中部北陸自然歩道に指定されているルートで、400種を越える植物観察ができます。登りは約90分かかりますが、下りは約60分です。

弥彦駅近くの国上山には、良寛ゆかりの国上寺や五合庵があります。バス便が無いので、燕三条駅の「駅から観タクン」が便利です。他に、石川雲蝶の彫刻をめぐるコースもあります。

長岡駅周辺には、河井継之助記念館の他に、徒歩で回れる範囲に、山本五十六記念館、戦災資料館、如是蔵博物館など、いくつかの博物館、資料館があります。

コースMAP

 
map

新潟県のその他のコース

モデルコース一覧

特集・キャンペーン

▲ページの先頭へ