駅たびnet > めぐれーる > 青森と函館、タウンを楽しむ欲ばりコース
青森と函館、タウンを楽しむ欲ばりコース
青森県北海道2泊3日

青森と函館、タウンを楽しむ欲ばりコース

青森、函館の歴史と文化に触れる旅。青森で迫力満点のねぶたの世界に触れ、酸ヶ湯温泉でゆったり。開国ロマンあふれる函館ではショッピング&グルメと大満足の一日になりそう。

コース概要

青森と函館の街のイイトコ取りプラン。青森では郷土文化に触れて地元食材に舌鼓。酸ヶ湯温泉は優れた効能で江戸時代から多くの湯治客を集めた人気の温泉で、日頃の疲れも吹き飛ばしてくれます。函館は魅力たっぷりのエキゾチックな街なみ。港を見下ろす坂の風情や、レトロモダンなカフェなど、散策、歴史探訪、温泉、グルメにショッピング、そして夜景と盛りだくさんの贅沢旅が楽しめます!

コース経路

2泊3日コース
スポットにマウスを乗せると詳細が表示されるよ!
コーススタート

東京駅

東北新幹線約3時間20分

新青森駅

奥羽本線特急または普通列車約10分

青森駅

徒歩すぐ

ねぶたの家 ワ・ラッセ

ねぶたの家 ワ・ラッセ

ねぶたの家 ワ・ラッセ
ねぶたのすべてを体感できる空間として、ねぶた祭の歴史や魅力を余すことなく紹介しています。ホールでは毎年、祭本番に出陣した5台の大型ねぶたやパーツなどの展示を、またミュージアムではねぶた祭の歴史資料が展示されています。オリジナルねぷたグッズも。
徒歩約5分

青森魚菜センター(古川市場)

青森魚菜センター(古川市場)

青森魚菜センター(古川市場)
市民の台所として昭和40年代からにぎわってきた“旬の食材”の宝庫。その日の朝獲れたばかりの近海の魚をはじめ、旬の魚介類がずらりと並んでいます。 どんぶりごはんの上に好みの具材をさまざま乗せて楽しめる、名物「のっけ丼」が好評で、たくさんの人出で賑わいます。
徒歩すぐのアウガ駐車場より送迎バス約1時間

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉
標高約900mの清涼な高地にあり、柱一つ無い160畳の大浴室に4つの異なる源泉の浴槽が並ぶ、混浴のヒバ千人風呂があまりにも有名です。お湯は白濁したにごり湯で、開湯は貞享元年(1684年)と伝えられます。江戸時代から人気の温泉地で、当時から多くの湯治客が訪れていました。
徒歩約3分

東北大学植物園 八甲田山分園

東北大学植物園 八甲田山分園

東北大学植物園 八甲田山分園
平成16年に東北大学理学研究科附属八甲田山植物実験所を改称して発足した分園です。園内には観察路が設けられていて、東北地方の高山や湿地に生育する植物を楽しむことができます。植物学研究のための学習拠点としても活用されています。
散策約40分

酸ヶ湯温泉で宿泊

酸ヶ湯温泉で宿泊

酸ヶ湯温泉で宿泊
標高約900mの清涼な高地にあり、柱一つ無い160畳の大浴室に4つの異なる源泉の浴槽が並ぶ、混浴のヒバ千人風呂があまりにも有名です。お湯は白濁したにごり湯で、開湯は貞享元年(1684年)と伝えられます。江戸時代から人気の温泉地で、当時から多くの湯治客が訪れていました。
送迎バス約1時間

青森駅

青森駅

青森駅
駅から観タクンは、駅からすぐに乗れて、気軽に周遊できる、便利でおトクなタクシープランです。2時間で棟方志功記念館と三内丸山遺跡を回ります。
駅から観タクン古代と現代巡りコース(2時間)

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡
約5500年前〜4000年前の遺跡で、縄文時代の集落跡では日本最大級のもの。「さんまるミュージアム」では重要部文化財500点を含む1700点もの出土遺物を展示、またVTRでも紹介されています。平成12年には国の史跡に指定、遺跡は自由に見学することができます。写真−提供:三内丸山遺跡保存活用推進室
駅から観タクン

棟方志功記念館

棟方志功記念館

棟方志功記念館
青森市出身の世界的な木板画家・棟方志功の作品を集めた美術館。棟方が世に出るきっかけとなった「大和し美し」、代表作「釈迦十大弟子」などが収められ、独自の境地を切り開いた棟方志功の世界に触れることができます。
駅から観タクンで新青森下車

新青森駅

北海道新幹線約1時間

新函館北斗駅

函館本線はこだてライナー約15分

函館駅

函館市電約10分

末広町電停

徒歩約5分

旧イギリス領事館(開港記念館)

旧イギリス領事館(開港記念館)

旧イギリス領事館(開港記念館)
初代英国領事・ホジソンが安政6年(1859年)に着任して以来、昭和9年まで「港町函館」を象徴する光景でした。火災により焼失しましたが現在は復元され、開港の歴史を伝える開港記念館として公開されています。93株59種のバラに囲まれた洋式庭園もあります。
徒歩約3分

元町公園

元町公園

元町公園
函館が「はこだて」と呼ばれるようになった由来の場所で、江戸時代には箱館奉行所、その後も北海道庁函館支庁舎が築かれるなど常に函館を司っていた場所です。エンタシス風の柱が特徴的な「旧北海道庁函館支庁庁舎」は、現在は函館市元町観光案内所になっています。基坂からは函館港が一望できます。写真−提供:函館市公式観光情報サイト「はこぶら」
徒歩約3分

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂
明治43年(1910年)で左右対称コロニアルスタイルと、ブルーグレーにイエローの色使いが特徴的な美しい建物です。函館港を見下ろす高台に建ち、館内は貴賓室や130坪の大広間など当時の華やかな雰囲気がそのまま残っています。国指定の重要文化財。
徒歩約10分

ハリストス正教会

ハリストス正教会

ハリストス正教会
文久元年(1861年)に聖ニコライが来日した日本正教会発祥の地。ロシアビザンチン様式の聖堂は港町函館のシンボル的存在で、大正5年(1916年)に建立・成聖、昭和63年に3年余の大修復工事によって当初の姿に復元されました。国指定の重要文化財。向かいには、カトリック元町教会があります。写真−函館ハリストス正教会所蔵
徒歩約10分

函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ
125人乗りで山頂までは約3分の空中散歩。「100万ドルの夜景」として世界中の人々に愛され、ガイド誌でも高評価を得ている函館の夜景を堪能できます。また明るいうちは、季節によってまったく違う景色が見られるのも魅力です。バリアフリー対応。
ロープウェイ約3分

函館山

函館山

函館山
標高334mで「臥牛山(がぎゅうざん)」とも呼ばれます。多くの植物や野鳥が生息する自然の宝庫で、山頂の展望台からは函館市街から津軽海峡、下北半島まで見渡すこともでき人気の眺望スポットとなっています。
ロープウェイ約3分山麓駅より徒歩約10分

十字街電停

市電または徒歩、送迎

函館市街、または湯の川温泉で宿泊

函館市街、または湯の川温泉で宿泊

函館市街、または湯の川温泉で宿泊
湯の川温泉は、北海道の三大温泉郷として人気の由緒ある温泉地。大小20数軒のホテル旅館がある。函館市街のホテルは、函館駅周辺や函館山・元町・教会エリアに多数あり、夜景や温泉などの特色のある宿から、シティホテル、ビジネスホテルなどタイプも様々に選べる。
市電または徒歩、送迎

函館駅

徒歩すぐ

函館朝市

函館朝市

函館朝市
戦後の混乱のなかでスタートした青空市場が始まりで、現在では全国から観光客が訪れる有名な市場になっています。新鮮なイカやウニ、イクラなどの魚介類が手ごろな値段で購入できるので、手軽で贅沢な丼はもちろんお土産選びにもおすすめです。12:00頃まで、一部店舗は14:00頃まで。写真−(一社)函館国際観光コンベンション協会
シャトルバス約15分、または函館市電約15分+徒歩約15分

五稜郭タワー

五稜郭タワー

五稜郭タワー
平成18年(2006年)に建て替えオープンした高さ107mのランドマークタワー。展望台からは函館山や津軽海峡や横津連峰の山なみ、特別史跡・五稜郭の星形の眺望が楽しめます。また五稜郭の歴史が学べる展示スペース「五稜郭歴史回廊」も併設しています。
徒歩約15分

五稜郭公園前電停

函館市電約20分

十字街電停

徒歩約3分

金森赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫
ベイエリアを代表するショッピングゾーン。元は明治時代に開業した倉庫群で昭和63年から商業施設として営業しています。インポート雑貨やアンティークショップなどが並ぶ「金森洋物館」を中心にレストランやイベントスペース、ギャラリーなどがあります。
徒歩約15分

函館駅

函館本線はこだてライナー約20分

新函館北斗駅

北海道・東北新幹線約4時間15分

東京駅

凡例

このコースのポイント

青森駅で時間があれば是非寄りたいのが、駅前のあおもり帆立小屋。ホタテ専用生け簀から釣り竿を使い、新鮮な活ホタテを制限時間内に釣り放題。その場で浜焼きや、職人さんによるお刺身、にぎり寿司、ホタテフライ等してもらい、味わえます。一方、函館朝市には活いか釣り広場があり、こちらも楽しそうです。

このコースでは、函館山の美しい夕景、夜景を楽しむために、遅い時刻になるよう設定しています。湯の川温泉など、夕食付きの宿に宿泊する場合は、食事の時刻のかねあいから、季節によっては函館山の夜景は割愛しなくてはならない場合があります。なお、湯の川温泉の各ホテル発で、函館山夜景を楽しむ定期観光バスが運行しているので、これを利用するのも良いでしょう。

函館朝市は、1月〜4月は6:00から、5月〜12月は5:00からの営業です。市街のホテル宿泊なら、混み合わない8:00頃までに行くのがおすすめ。湯の川温泉宿泊なら、先に近い五稜郭タワーへ行き、ランチを函館朝市で楽しむのが良いでしょう。食堂はどこも午後まで営業しています。豪華海鮮丼が人気です。

コースMAP

 
map

青森県のその他のコース

モデルコース一覧

特集・キャンペーン

▲ページの先頭へ