駅たびnet > めぐれーる > 八ヶ岳山麓清里高原と藤村ゆかり小諸城址
八ヶ岳山麓清里高原と藤村ゆかり小諸城址
山梨県長野県1泊2日

八ヶ岳山麓清里高原と藤村ゆかり小諸城址

八ヶ岳の緩やかな裾野と連なる峰々とのコントラストが美しい清里は牧歌的な風景に心が洗われるよう。小諸城下は宿場町の雰囲気が漂う落ち着いた町並み、そぞろ歩きを楽しんで。

コース概要

四季おりおりに変化する自然の姿を満喫できる清里。静かな森のなかをのんびり歩けば、カラダまるごとリフレッシュすること間違いなし。また多くの文人墨客に愛された場所でもあり、ゆかりの美術館、博物館めぐりも楽しめます。小諸城には数々の由来がありますが、信濃小諸藩初代藩主・仙石秀久が慶長17年に完成させた説が有力。現在は石垣と三の門、大手門が残るのみですが、城下町ムードは健在で宿場町として栄えた当時のままの建物も残っています。

コース経路

1泊2日コース
スポットにマウスを乗せると詳細が表示されるよ!
コーススタート

新宿駅

中央本線特急あずさ約2時間10分

小淵沢駅

小海線普通列車約10分

甲斐小泉駅

徒歩すぐ

平山郁夫シルクロード美術館

平山郁夫シルクロード美術館

平山郁夫シルクロード美術館
平山郁夫氏がシルクロードを歩き描いた作品と夫妻が収集したシルクロードに関する美術工芸品を収蔵・展示しています。年に数回、企画展や収蔵品展が催され、日本文化の源流がたどってきた道でもあるシルクロードの魅力をたっぷり味わうことができます。写真: shinkenchiku-sha
徒歩すぐ

甲斐小泉駅

小海線普通列車約15分

清里駅

清里駅

清里駅
駅前にある清里駅前観光総合案内所「あおぞら」では、電動アシスト付きのレンタサイクルが借りられます。坂の多い清里も楽々サイクリングができます。
清里ピクニックバス、またはタクシー約5分

清泉寮

清泉寮

清泉寮
米国出身のポールラッシュ博士から始まったキープ協会の中心施設で、清里のシンボルとして有名です。広大な敷地に宿泊施設や農場、レストランやショップ、やまねミュージアム、教会などが点在し、さまざまな自然体験プログラムが用意されています。
徒歩約5分

富士山とせせらぎの小径

富士山とせせらぎの小径

富士山とせせらぎの小径
山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターからスタートする、一周約30分のセラピーコースです。歩道にはウッドチップが敷かれているので、歩きやすいのも嬉しいポイント。途中にやまねミュージアムがあります。晴天時には展望テラスから秩父連山から富士山まで望めることも。
散策約30分

清泉寮、または清里周辺で宿泊

清泉寮、または清里周辺で宿泊

清泉寮、または清里周辺で宿泊
清泉寮は、清里のシンボル的存在で、宿泊施設としても人気。本館と新館があります。他に、清里にはリゾートホテル、ペンション、コテージ、ゲストハウスなど様々なタイプの宿泊施設が揃っていますが、送迎の有無や交通機関などを確かめましょう。
送迎、ピクニックバス、またはタクシー

清里駅

ピクニックバス約3分、または徒歩約15分

ホール・オブ・ホールズ

ホール・オブ・ホールズ

ホール・オブ・ホールズ
アンティーク・オルゴールを含む自動演奏楽器と日本の伝統的な食器を展示しています。レコードやラジオが発達するまで人々の暮らしと共にあった自動演奏楽器からは、昔の人たちの驚きや感動がそのままに伝わってきます。オルゴール製作体験も人気です。
徒歩すぐ

萌木の村

萌木の村

萌木の村
レストランやショップが点在する、清里の人気スポット。メリーゴーランドが目印のカフェ、ハンドメイドの雑貨店、スイーツの店など盛りだくさん。宿泊施設もあります。ホール・オブ・ホールズも、この萌木の村の一角です。
ピクニックバス約3分、または徒歩約10分

清里駅

小海線普通列車約2時間10分

小諸駅

徒歩約3分

小諸城址 懐古園

小諸城址 懐古園

小諸城址 懐古園
白鶴城や酔月城とも呼ばれた小諸城跡で、入口の三の門に掛る「懐古園」の額は徳川家達によるもの。全国的にも珍しい城下町よりも低い位置にある「穴城」で、天然の要塞となる深い空堀や苔生した野面積みの石垣が当時を偲ばせます。サクラの名所としても有名。
徒歩すぐ

藤村記念館

藤村記念館

藤村記念館
小諸時代の作品・資料・遺品を展示する施設です。明治32年(1899年)に小諸義塾に赴任した藤村は小諸で過ごした6年余の間に「雲」「旧主人」などを書きあげます。日本自然主義文学の先陣を切ったといわれる大作「破戒」が起稿されたのもこの時期です。
城趾を経由し旧小諸宿本陣問屋場まで徒歩約20分

小諸の町並み

小諸の町並み

小諸の町並み
中山道・北国街道・甲州街道の交わる要所として、江戸中期には東信濃随一の商業都市に発展し、現在まで営業を続けている老舗もあります。北国街道沿いには旧本陣が往時のまま残り、宿場町の雰囲気が色濃く感じられます。
旧北国街道を散策し、徒歩約20分

小諸駅

しなの鉄道普通約25分

軽井沢駅

長野新幹線約1時間10分

東京駅

凡例

このコースのポイント

清里は四季折々の自然が楽しめます。まず荷物を宿に置いてから、宿に近い散策コースをまわるのがおすすめ。散策コースの案内は、駅前の観光案内所で。冬の積雪期もスノーシューハイクなどのアクティビティが充実している地域なので、事前に宿に相談しておきましょう。

大きな窓に木製ベンチシートと、リゾート感あふれる清里ピクニックバスは、駅から2つのルートで巡回し観光スポットをまわります。夏期や土日は2台運行の日もあり便利です。1回乗車券と1日周遊券があります。

清里には、地元食材を使ったレストランや食のお店がたくさんあります。萌木の村の隣の「ともにこの森」には、ミルクやジャム、豆腐など地元食材を扱うお店が集まっていて、テラス席でその場で食べることができます。お土産にも良いですね。

小諸城趾のシンボル、懐古園の扁額が掲げられた三の門は、小諸駅を出てすぐの地下道をくぐれば目の前に現れますが、その前に反対側の大手門に立ち寄りましょう。こちらが小諸城の正門。周辺は公園として整備され、移設された小諸宿本陣主屋やガーデンカフェもあります。

コースMAP

 
map

山梨県のその他のコース

モデルコース一覧

特集・キャンペーン

▲ページの先頭へ