駅たびnet > めぐれーる > レトロな銀山温泉と名君の城下町めぐり
レトロな銀山温泉と名君の城下町めぐり
山形県1泊2日

レトロな銀山温泉と名君の城下町めぐり

大正時代のレトロな温泉街の雰囲気がそのままに味わえる、人気の銀山温泉に泊まり、芭蕉ゆかりの尾花沢、上杉鷹山の城下町米沢をゆったりと巡ります。

コース概要

銀山川を挟み、3階建て、4階建てのノスタルジックな木造旅館が立ち並ぶ銀山温泉。ガス灯や旅館に明かりが灯る夕暮れ時、風情ある温泉街のそぞろ歩きが楽しみです。1日目は芭蕉ゆかりの尾花沢も訪ねます。2日目は「なせば成る、なさねば成らぬ.....」の格言で有名な名君、上杉鷹山の城下町、米沢を巡ります。まずは米沢グルメで腹ごしらえ。落ち着いた城下や米沢城趾を訪ね、博物館では国宝の洛中洛外図を。銘酒の酒蔵も訪ねます。

コース経路

1泊2日コース
スポットにマウスを乗せると詳細が表示されるよ!
コーススタート

東京駅

山形新幹線約3時間

大石田駅

大石田駅

大石田駅
駅から観タクンは、駅からすぐに乗れて、気軽に周遊できる、便利でおトクなタクシープランです。2時間で大石田と尾花沢を巡りながら、大正ロマン漂う銀山温泉へと向かう片道コースです。
駅から観タクン ゆったり銀山温泉片道コース(2時間)

最上川(川舟役所跡大門)

最上川(川舟役所跡大門)

最上川(川舟役所跡大門)
室町時代に始まったといわれる大石田河岸は、寛政4年に徳川幕府が管理する舟役所が置かれ、酒田を経て直接上方文化が入ってくることで最上川舟運の中枢として明治時代まで繁栄していました。今も街並みには、蔵づくりの店など当時の面影が残されており、堤防となった河岸には、当時の大門や塀蔵が再現されています。
駅から観タクン

芭蕉・清風歴史資料館

芭蕉・清風歴史資料館

芭蕉・清風歴史資料館
尾花沢の歴史や民俗文化を伝える資料館。雪国の暮らしぶりがうかがえる民具のほか、嘉永5年(1852年)作といわれるひな人形などの展示があります。建物は江戸時代末期に建てられた土蔵および母屋を、松尾芭蕉と親交のあった鈴木清風宅の隣に移築したもので、尾花沢地方における代表的な江戸時代町家として貴重な文化財です。松尾芭蕉はこの地に10泊の長逗留をしています。
駅から観タクン

銀山温泉

銀山温泉

銀山温泉
慶長年間に発見されたという古湯。寛保年間から温泉地として栄え、大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が現在も銀山川の両岸に沿って軒を並べており、昔ながらの湯の街風情あふれるレトロな雰囲気を味わうことができます。
徒歩約10分

白銀の滝・洗心峡

白銀の滝・洗心峡

白銀の滝・洗心峡
22mの絶壁から落ちる雄大な白銀の滝。対岸には観瀑台があり、滝しぶきが心地よく感じられます。せことい橋から籟音滝周辺は樹木が日光を遮り、渓流が岩石にぶつかる水音の清らかな響きはまるで心が洗われるよう。洗心峡と呼ばれています。
徒歩役20分

延沢銀山遺跡

延沢銀山遺跡

延沢銀山遺跡
康正2年(1456年)に発見したと伝わる延沢銀山の遺跡。最盛期の寛永年間(1624〜45年)には尾花沢の天領となり、島根の石見、兵庫の生野とともに三大銀山と呼ばれていました。銀山温泉街に近く、浴衣姿のまま坑内を見学できることで人気の観光スポットです。
徒歩約20分

銀山温泉にて宿泊

銀山温泉にて宿泊

銀山温泉にて宿泊
慶長年間に発見されたという古湯。寛保年間から温泉地として栄え、大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が現在も銀山川の両岸に沿って軒を並べており、昔ながらの湯の街風情あふれるレトロな雰囲気を味わうことができます。
銀山はながさ号バス約35分

大石田駅

山形新幹線約1時間10分

米沢駅

米沢市街地循環路線(右回り)バス約10分、またはタクシー

上杉神社バス停

徒歩すぐ

上杉城史苑「アビシス」、上杉伯爵亭

上杉城史苑「アビシス」、上杉伯爵亭

上杉城史苑「アビシス」、上杉伯爵亭
松岬神社そばにある上杉城史苑は、お土産やレストランが揃う観光センターです。「アビシス」では、米沢グルメの筆頭、米沢牛のランチが楽しめます。また、松が岬公園横の上杉伯爵亭は、総ヒノキの入母屋づくりの登録有形文化財で、館内で米沢の郷土料理が楽しめます。
徒歩すぐ

松岬神社

松岬神社

松岬神社
上杉謙信を祀る上杉神社の摂社で上杉景勝、直江兼続、上杉鷹山、鷹山の師であった細井平洲、重臣の竹俣当綱と莅戸善政が祀られています。写真提供:米沢市産業部観光課
徒歩すぐ

松が岬公園(米沢城址)

松が岬公園(米沢城址)

松が岬公園(米沢城址)
明治6年に取り壊された米沢城址を整備して作られた公園です。濠を囲む約250本のサクラが美しく、多くの観光客が訪れる花見の名所となっています。写真:山形観光物産協会
徒歩すぐ

上杉神社

上杉神社

上杉神社
旧米沢城本丸の奥御殿跡に建てられた米沢藩祖・上杉謙信を祀る神社。サクラの名所で知られる松が岬公園の中央に位置しています。大正8年の大火後に再建された現在の本殿は明治神宮、平安神宮を設計した米沢市出身の建築家・伊東忠太によるものです。
徒歩約5分

伝国の杜(米沢市上杉博物館)

伝国の杜(米沢市上杉博物館)

伝国の杜(米沢市上杉博物館)
上杉氏の歴史と文化を中心とした「江戸時代の置賜・米沢」を主軸に構成、数千にも及ぶ上杉氏ゆかりの貴重な品々を収蔵しています。中でも織田信長から上杉謙信へ贈られたと伝わる、国宝「上杉本洛中洛外図」は名品で、およそ2500人もの老若男女と京の町の様子がいきいきと描かれ、必見です。
徒歩約5分

酒造資料館 東光の酒蔵

酒造資料館 東光の酒蔵

酒造資料館 東光の酒蔵
古い酒蔵を復元した見学専用施設です。東北一の広さといわれる1棟140坪の大きな土蔵には、昔ながらの造り酒屋の様子や道具などが展示されています。内部は昼でも薄暗くひんやりとしていて、柱の傷や使い込まれた酒樽などで当時の面影が偲ばれます。
徒歩約20分

宮坂考古館

宮坂考古館

宮坂考古館
初代館長が生涯をかけて収集した米沢、置賜地方を中心とする郷土の文化財700余点を所蔵。6領の甲冑をはじめ火縄銃、槍、屏風など米沢藩関係の重要文化財が数多く揃っています。NHK木曜時代劇 「かぶき者 慶次」の前田慶次の甲冑も収蔵されています。写真提供:宮坂考古館
徒歩約5分

米沢駅

山形新幹線約2時間10分

東京駅

凡例

このコースのポイント

大石田駅から銀山温泉へは、途中観光地にも立ち寄る「駅から観タクン」が便利ですが、定期バスの銀山はながさ号でも行くことができます。芭蕉・清風歴史資料館近くからも乗車できます。なお、本数が少ないので、時刻を確認してください。

米沢の町は平坦なので、レンタサイクルで回るのも一案です。駅レンタカーの営業所や松が岬公園の観光案内所で借りることができます。

米沢の見どころは、城趾の松が岬公園周辺に集まっています。他に、米沢織物歴史資料館、米沢民藝館などがあり、少し離れていますが、上杉家廟所も樹齢400年を越す老杉に囲まれた静かな史跡です。

コースMAP

 
map

山形県のその他のコース

モデルコース一覧

特集・キャンペーン

▲ページの先頭へ