駅たびnet > めぐれーる > 聖地、羽黒山に詣で、酒田、最上川に遊ぶ
聖地、羽黒山に詣で、酒田、最上川に遊ぶ
山形県1泊2日

聖地、羽黒山に詣で、酒田、最上川に遊ぶ

出羽三山、羽黒山の杉並木参道にたたずむ国宝五重塔、山頂の三神合祭殿を訪ね、港町・酒田を巡り、最上川の船下りも。宿泊は夕陽の美しい湯野浜温泉です。

コース概要

東北のパワースポットとして名高い出羽三山の羽黒山。1400年の歴史を持つ修験道の霊場で、荘厳な霊気に満ちています。三山の神々を合祀した山頂の大社殿、樹齢数百年の老杉が並ぶ参道登り口の国宝五重塔を、駅から観タクンのタクシーで訪ねます。宿泊は日本海に沈む夕陽の美しい湯野浜温泉。翌日は羽州屈指の港町として栄えた酒田へ。米どころ庄内のシンボルとも言える山居倉庫、料亭文化が花開いた酒田に残る山王くらぶや相馬樓を巡り、リアリズムの鬼と称された土門拳の写真にふれます。最後に最上川の流れをのんびりと船下りで楽しんで帰路へ。

コース経路

1泊2日コース
スポットにマウスを乗せると詳細が表示されるよ!
コーススタート

東京駅

上越新幹線約2時間

新潟駅

羽越本線特急約1時間50分

鶴岡駅

鶴岡駅

鶴岡駅
駅から観タクンは、駅からすぐに乗れて、気軽に周遊できる、便利でおトクなタクシープランです。3時間で国宝羽黒山五重塔と羽黒山山頂・羽黒山三神合祭殿を巡るコースです。
駅から観タクン 国宝羽黒山五重塔、羽黒山三神合祭殿コース(3時間)

随神門

随神門

随神門
出羽三山神社の神域の表玄関。人の世界と神の領域を分かち神域に邪悪なモノが侵入するのを防ぐ霊妙な堅い門の神(櫛石窓神・豊石窓神)を祀っています。元禄8年(1695年)に矢島の領主・生駒山讃岐守が家運繁栄と極楽往生を祈って寄進したものです。
徒歩約10分

爺杉

爺杉

爺杉
国宝・羽黒山五重塔の隣に立つ老杉で、樹齢は1000年以上、高さ42m、幹回り約10mと県内第一の巨古木です。荘厳な雰囲気から強いパワーが感じられますが、現在は落雷が主な原因と見られる樹勢衰退が起きており、倒木を防ぐためにワイヤで固定されています。
徒歩すぐ

国宝羽黒山五重塔

国宝羽黒山五重塔

国宝羽黒山五重塔
東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝わります。現在の塔は約600年前の長慶天皇代に、庄内の領主で羽黒の別当であった武藤政氏によって再建されたものといわれ、高さ29.0mの三間五層柿葺素木造。国宝に指定されています。写真提供:出羽三山神社
随神門まで戻り徒歩約15分

羽黒山山頂・羽黒山三神合祭殿

羽黒山山頂・羽黒山三神合祭殿

羽黒山山頂・羽黒山三神合祭殿
出羽三山とは月山・羽黒山・湯殿山の総称。開祖は崇俊天皇の第1皇子の蜂子皇子で、推古元年の開山と伝えられます。山岳信仰の修験霊場として広く知られ、信者が全国から集まる聖地。羽黒山頂には、この三山の三神を合祀した大社殿があります。
駅から観タクン

鶴岡駅

庄内交通バス約40分

湯野浜温泉にて宿泊

湯野浜温泉にて宿泊

湯野浜温泉にて宿泊
マリンスポーツも楽しめる山形県内屈指の温泉リゾートです。1キロに渡って続く白浜海岸で水平線に沈む夕日は必見。1000年以上の古い歴史があり、公衆浴場前には足湯と飲泉所が完備されています。4月下旬から11月上旬までは朝市で名物の「浜なべ」が味わえます。写真提供:山形観光物産協会
庄内交通バス約40分

酒田駅

タクシー、または荘内交通バス鶴岡行約10分

山居倉庫

山居倉庫

山居倉庫
元禄時代に米の積み出し港として栄えた酒田港に明治26年、旧藩主酒井家が建てた米保管倉庫です。白壁、土蔵づくりの12棟は現在も農業倉庫として使用され、全国有数の米どころ庄内のシンボル。酒田の歴史文化などの展示施設「酒田夢の倶楽」も併設。写真提供:(社)酒田観光物産協会
徒歩約15分、または観光用自転車

山王くらぶ

山王くらぶ

山王くらぶ
明治28年建築の料亭を改修した施設です。外観内観ともに優れた意匠で往時の料亭文化をうかがい知ることができます。館内には人形作家・辻村寿三郎氏の人形「さかたの雛遊びなどがある展示エリアと、体験工房があります。国の登録有形文化財。
徒歩すぐ

相馬樓

相馬樓

相馬樓
江戸時代から酒田を代表する料亭「相馬屋」を修復した施設。茅葺きの門と朱色の塀が目を引く母屋は明治27年の庄内大震災の大火で焼失した直後に再建されたもので、国の登録有形文化財。2階の大広間では食事をしながら酒田舞娘の踊りが楽しめます。
タクシー約5分

土門拳記念館

土門拳記念館

土門拳記念館
「古寺巡礼」「筑豊のこどもたち」などで、リアリズム写真の巨匠・土門拳の写真専門美術館。昭和58年に日本初の写真専門美術館として開館。約7万点もの土門氏の全作品を収蔵し、年4〜5回の展示替えを行っています。日本の美と日本人の心を写し切ったといわれる世界的評価の高い作品に出会えます。
タクシー約10分

酒田駅

陸羽西線快速列車約35分(普通列車約45分)

古口駅

タクシー約5分、または徒歩15分

戸沢藩船番所(最上川舟下り乗船場)

戸沢藩船番所(最上川舟下り乗船場)

戸沢藩船番所(最上川舟下り乗船場)
富士川・球磨川とともに日本三大急流のひとつとして知られる最上川を、船頭さんの舟唄に導かれながら下る観光遊覧船です。松尾芭蕉も楽しんだ川下りは春の花見船、夏の涼風船、秋の紅葉船、冬の雪見船など季節ごとに見せる自然美を風雅に堪能できます。
最上川舟下り芭蕉ライン約1時間

草薙港(最上川リバーポート)

連絡バス約15分

古口駅

陸羽西線普通列車約20分

新庄駅

山形新幹線約3時間40分

東京駅

凡例

このコースのポイント

駅から観タクン国宝羽黒山五重塔、羽黒山三神合祭殿コースは、タクシーでめぐる便利なプランですが、随神門から五重塔までの往復はクルマが入れないので徒歩となります。約10分程度ですが、山中で勾配もあるので、積雪期などは注意が必要です。

駅から観タクンを利用せず、歩いて羽黒山山頂へ登ることもできます。国宝五重塔を過ぎると樹齢約350年〜500年の杉並木の中、2446段といわれる石段が続きます。途中に二の坂茶屋があり力餅が名物。山頂まで約1時間の道のりで、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星に認定されています。鶴岡駅からバスで羽黒センター下車、帰りは山頂から鶴岡駅までバスとなります。

宿泊地の湯野浜温泉は海岸沿いの温泉リゾートですが、鶴岡駅にほど近い湯田川温泉に泊まることもできます。「鶴岡の奥座敷」と呼ばれる閑静な温泉街で、国民保養温泉地です。鶴岡駅からはバスで、翌日は鶴岡駅までバスで戻り、羽越本線の特急で酒田へ向かう行程となります。

コースMAP

 
map

山形県のその他のコース

モデルコース一覧

特集・キャンペーン

▲ページの先頭へ