駅たびnet > めぐれーる > 蔵の町と展勝地を訪ね、花巻・鉛温泉へ
蔵の町と展勝地を訪ね、花巻・鉛温泉へ
岩手県1泊2日

蔵の町と展勝地を訪ね、花巻・鉛温泉へ

歴史とクラフトの町水沢・江刺と、北上展勝地など風光明媚な北上を巡り、花巻温泉郷・鉛温泉に癒されるみちのくの旅。蔵の町や民俗村、詩歌文学館、歴史テーマパークも訪ねます。

コース概要

みちのく奥州、歴史とクラフトの町水沢・江刺と、多くの文人達に愛された風光明媚な北上を訪れます。宿泊は花巻温泉郷の湯治場として人気の鉛温泉です。水沢では、まず南部鉄瓶も販売している伝統産業会館へ。江刺では歴史テーマパークや蔵の町も散策します。鉛温泉では、源泉が足元から湧く、立って入る深めの湯船で湯治気分を。翌日は日本有数の桜の名所、北上展勝地へ。ツツジや緑の季節も散策を楽しめます。民俗村や詩歌文学館など見どころをゆっくり回り、名物北上コロッケも味わってください。

コース経路

1泊2日コース
スポットにマウスを乗せると詳細が表示されるよ!
コーススタート

東京駅

東北新幹線約2時間50分

水沢江刺駅

徒歩すぐ

奥州市伝統産業会館

奥州市伝統産業会館

奥州市伝統産業会館
南部鉄器発祥の地の歴史を伝える名品が展示されています。鉄器づくりの工程や実際に使用されていた道具類、鉄器工房の再現など、複雑な工程を持つ鉄器づくりがわかりやすく解説されています。売店ではクラフト製品から伝統工芸士作品まで販売も行っています。
タクシー約15分

歴史公園えさし藤原の郷

歴史公園えさし藤原の郷

歴史公園えさし藤原の郷
広大な敷地に華麗な平安建築を再現したテーマパークです。厳密な時代考証が行われており、ドラマや映画の舞台にもなっています。国内唯一の「寝殿造」など、平安時代の建築物が大小合わせて120棟も立ち並び、トリックアートのアトラクションも人気です。隣接する「えさし郷土文化館」では、江刺地方の歴史、文化、産業などを豊富な実物資料や復元資料を通じて学ぶことができます。
ひとかべ川沿い遊歩道を徒歩約20分、またはタクシー約5分

旧岩谷堂共立病院

旧岩谷堂共立病院

旧岩谷堂共立病院
明治8年に県内初の西洋医学の総合病院として開院した4階建て凝洋風建築。明治記念館と呼ばれていましたが、現在は岩手県の有形文化財「旧岩谷堂共立病院」として公開されています。菊田一夫原作のラジオドラマ「鐘の鳴る丘」のモチーフになったといわれ、4階の塔屋からは菊田が疎開で身を寄せた及政旅館を望むことができます。
徒歩約5分

蔵まちモール

蔵まちモール

蔵まちモール
古くから交易の要衝として一時代を築いた江刺区市街地には、今でも多くの土蔵が残されています。中町地区には、改修された蔵づくりの建物が立ち並ぶ歩行者専用道路の蔵まちモールが整備され、「ガラス館」や「岩谷堂タンス工芸館」、カフェや食事処などがあり、散策が楽しめます。また、近くには、赤煉瓦造りの蔵を利用した、菊田一夫記念館もあります。
タクシー約15分

水沢江刺駅

東北新幹線約20分

新花巻駅

花巻温泉郷送迎バス約55分

鉛温泉にて宿泊

鉛温泉にて宿泊

鉛温泉にて宿泊
花巻南温泉郷のひとつで豊沢川渓流沿いの歴史ある温泉。作家、田宮虎彦の小説「銀心中」の舞台として知られてます。また宮沢賢治の童話「なめとこ山の熊」のなかにも「鉛の湯」との記述があります。昭和16年(1941年)建築のケヤキ造りの建物は風情たっぷりで、湯船の底から源泉が湧き出す立ち湯が有名。湯治客も多いです。
花巻温泉郷送迎バス約45分

花巻駅

東北本線普通列車約10分

北上駅

タクシー約5分

北上展勝地

北上展勝地

北上展勝地
東北有数の花見の名所です。広い公園にはソメイヨシノを中心に約1万本の桜が植えられ、珊瑚橋から2kmにわたる桜並木は「日本さくら名所100選」に選定されています。その他約10万本の色鮮やかなツツジ、秋には紅葉と、四季折々の散策が楽しめます。さくら並木を通しで散策(約30分)する場合は、タクシーで珊瑚橋近くのさくら並木付近に降ろしてもらうと良いでしょう。
徒歩すぐ(珊瑚橋付近からは徒歩約30分)

サトウハチロー記念館

サトウハチロー記念館

サトウハチロー記念館
童謡『ちいさい秋みつけた』『うれしいひなまつり』などで知られる作家・サトウハチローの遺品や作品などが紹介されています。当時の様子を再現した仕事場は家具や書籍はもちろんのこと、レンガの色あせ具合や床板、壁板の節目まで忠実に表現されています。
徒歩約5分

みちのく民俗村

みちのく民俗村

みちのく民俗村
北上川流域の歴史的建造物を復元・保存している野外博物館です。谷間と丘陵地からなる広い村内は4種のゾーンで構成され、30棟の古民家などが移築復元されていいます。敷地内には博物館や民俗資料館も併設され、この地域の歴史や風習が多角度から学べます。
タクシー約10分

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館

日本現代詩歌文学館
日本で唯一の詩歌専門の総合文学館で、明治以降に刊行された詩歌に関する資料を、有名無名問わず全国から収集・保存しています。隣接地には「山口青邨宅」と「雑草園」が併設されているので、俳人の眺めた庭園そのままの景色を味わうことができます。
タクシー約20分

鬼の館

鬼の館

鬼の館
民俗芸能「鬼剣舞」の発祥の地・旧和賀町にある鬼の博物館。テーマ別に鬼と縁のある事柄を紹介しています。人々がとらえた鬼の姿・原像をさぐる「鬼曼荼羅」、日本全国の祭りや芸能に登場する鬼の面に人々の心意気を読み取る「日本の鬼面」、アジアを中心とした世界のさまざまな国の鬼の面を紹介する「世界の鬼面」など、多方面から鬼について知ることができます。
タクシー約20分

北上駅

東北新幹線約2時間25分

東京駅

凡例

このコースのポイント

花巻温泉郷送迎バス(無料)は、花巻温泉コースと花巻南温泉峡コースの2コースがあり、宿泊する宿に事前に申し込みます。鉛温泉は花巻南温泉峡コースで、新花巻駅、花巻駅から、途中、悠の湯・志戸平温泉・渡り温泉・大沢温泉・山の神温泉を経由して走ります。いずれも風情のある人気の温泉です。

武家屋敷などに興味のある方は、歴史公園えさし藤原の郷に寄らずに、江刺の町は早めに切り上げ、金ケ崎要害の史跡群を訪ねるのも面白いでしょう。蔵まちモールからタクシー約20分で金ケ崎要害歴史館、または白糸まちなみ交流館へ。金ケ崎町城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区を散策します。いくつかの公開されている武家屋敷や、お食事処となっている屋敷もあります。散策後、徒歩約10分の東北本線金ケ崎駅から普通列車約20分で花巻駅です。花巻南温泉郷送迎バスは、花巻駅からも乗車できます。

コースMAP

 
map

岩手県のその他のコース

モデルコース一覧

特集・キャンペーン

▲ページの先頭へ