駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > 長野県の観光名所・社寺・絶景

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

長野県の観光名所・社寺・絶景

イベント・お祭りアーカイブ

【城郭・城跡】

提供:公益財団法人ながの観光コンベンションビューロー

松代城跡
(長野県長野市松代町松代44)

永禄3年(1560年)、武田信玄が上杉謙信の攻撃に備え、山本勘助に命じて築城させたといわれている。元和8年(1622年)に真田信之が上田城か……


小諸城址 懐古園
(長野県小諸市丁311)

白鶴城や酔月城とも呼ばれた小諸城の跡で、入り口の三の門(重文)には徳川家達公の筆となる“懐古園”の額が掛かる。城下町よりも低い位置……


上田城(上田城跡公園)
(長野県上田市二の丸)

天正11年(1583年)真田昌幸が築城した平城で「尼ヶ淵城」とも呼ばれ、徳川の軍勢を二度撃退した歴戦の名城として知られる。春は桜、秋は紅……


千曲市城山史跡公園 荒砥城趾
(長野県千曲市大字上山田3509-1)

戦国時代の連郭式山城「荒砥城」を再現した史跡公園。四の郭、三の郭、二の郭、本郭までが連郭式で出来ており、ビデオ紹介や出土品の展示な……


国宝 松本城
(長野県松本市丸の内4-1)

五重六階の天守は、石川数正、康長父子によって築城。完成は文禄3年(1594年)と推定され、現存する五重六階の天守では日本最古。天守、乾……


写真提供 諏訪市

諏訪高島城
(長野県諏訪市高島1-20-1)

別名諏訪の浮城と呼ばれる。豊臣秀吉の家臣である日根野織部正高吉により400年程前(慶長3年)に築城され、その威容と要害堅固を誇ってきた……


【名所旧跡・遺跡】

文武学校
(長野県長野市松代町松代205-1)

文武を奨励した松代藩8代藩主真田幸貫から、9代藩主真田幸教の時代にかけて建築された藩校。藩士の子弟が学問と武道を学ぶ場として、1855年……


真田邸
(長野県長野市松代町松代1)

1864年(元治元年)に建築された松代城の城外御殿。松代藩真田家9代藩主、真田幸教が義母の貞松院の住まいとして建てたもので、当時は「新……


提供:信州・長野県観光協会

川中島古戦場史跡公園
(長野県長野市小島田町1384-1)

武田信玄と上杉謙信の戦いで有名な「川中島古戦場」に開設した公園。芝生広場や池などが整備され、花見の名所としても知られる。公園の隣に……


提供:信州・長野県観光協会

龍岡城
(長野県佐久市田口3000)

龍岡城五稜郭は、函館とともに日本に2か所しかない五つの稜が、星形に突き出た擬洋式城郭。函館の五稜郭に3年遅れ、慶応3年(1867年)に藩……


上田藩主居館跡
(長野県上田市大手1-4-32)

関ヶ原の戦いで上田城が破却された後、真田信之をはじめとする上田藩が居館とした場所。その両脇に続く土塀や濠、土塁は真田氏時代の面影を……


真田幸村公騎馬像
(長野県上田市天神)

上田駅前広場に建つ、上田城築城400年を記念に寄贈された像。初陣を果たした青年期の幸村を描いていると言われており、騎馬像の後ろには六……


真田氏本城跡
(長野県上田市真田町長十林寺5029-3)

戦国武将真田幸村の父、昌幸が上田築城以前、三代にわたって本城としたとされる山城跡。真田市街を見渡すことができる景勝地で、残された遺……


真田氏館跡
(長野県上田市真田町本原2984-1)

武田二十四将として活躍した真田家が、上田城を居城とする前に住んでいたといわれる居館跡。居館の土塁などが保存され、真田一族の貴重な遺……


(c)森将軍塚古墳館

科野の里歴史公園
(長野県千曲市大字屋代29-1)

史跡「森将軍塚古墳」や長野県立歴史館周辺を整備した公園。園内には復元された古墳時代の集落「科野のムラ」もあり、古代の歴史を学んだり……


千曲市さらしなの里古代体験パーク・歴史資料館
(長野県千曲市羽尾247-1)

姨捨伝説で名高い冠着山(姨捨山/おばすてやま)の麓にある公園。園内には復元された竪穴式住居や古代農園、歴史資料館などがある。歴史資……


源智の井戸
(長野県松本市中央3-741-ホ)

松本市には市街地にめずらしく井戸や湧水が多くあり、「まつもと城下町湧水群」として『平成の名水百選』にも選定されている。なかでも「源……


提供:信州・長野県観光協会

重要文化財旧開智学校校舎
(長野県松本市開智2-4-12)

明治9年(1876年)に竣工し、昭和38年(1963年)までの約90年間使用された、日本で最も古い小学校のひとつ。昭和36年(1961年)に、明治時……


提供:信州・長野県観光協会

万治の石仏
(長野県下諏訪町東山田)

アンバランスなその形で人気の観光スポットともなっている石仏。伝説によると諏訪大社下社(春宮)に石の大鳥居を造るとき、この石を材料に……


(c)一般社団法人伊那市観光協会

高遠城址公園
(長野県伊那市高遠町東高遠)

武田信玄の五男仁科五郎盛信が織田信忠と戦い、壮絶な死を遂げた場所として知られる高遠城。廃藩置県で城を撤去、昭和48年に国の史跡の指定……


進徳館
(長野県伊那市高遠町東高遠2007)

高遠城址公園内にある藩士育成のための学問所跡。万延元年(1860年)最後の高遠藩主・内藤頼直が先代からの願いであった藩校にかわるものと……


提供:信州・長野県観光協会

旧中山道 鳥居峠
(長野県木祖村薮原)

海抜1197mの鳥居峠は、江戸時代奈良井宿と薮原宿を結ぶ旧中山道最大の難所であった。松尾芭蕉ら多くの歌人や俳人も訪れ、その景勝を謳った……


平出遺跡
(長野県塩尻市宗賀)

縄文時代から平安時代にかけての大集落跡で、渋川に沿って東西約1km、南北300mの範囲にわたって帯状に広く展開している。遺跡は江戸時代か……


提供:信州・長野県観光協会

旧国鉄篠ノ井線 廃線敷
(長野県安曇野市明科中川手)

明治35年(1902年)に全通し、長野県の南北を結んでいた旧国鉄篠ノ井線。昭和45年に蒸気機関車約が姿を消して電化され、昭和63年に新線が完……


拾ヶ堰(じてんしゃひろば)
(長野県安曇野市)

1816年(江戸後期)灌漑のために作られた農業用水路。着手からわずか3か月という驚異的な早さでつくられた堰で、安曇野の堰の中でも最大規……


常念道祖神
(長野県安曇野市掘金烏川)

道祖神は、村の守り神として、多くは村の中心、道の辻、三叉路に立っている。村人たちが五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を祈願するもっとも身……


本陣等々力家
(長野県安曇野市穂高2945)

等々力家は室町時代から地方豪族仁科氏に仕えた旧家。江戸時代、この一帯は松本藩主の狩猟場で、鮭・鴨猟の際にこの屋敷が本陣、殿様の休憩……


早春賦歌碑
(長野県安曇野市穂高)

「春は名のみの風の寒さや」で始まる唱歌「早春賦」を記念して建てられた歌碑。隣には早春賦の曲を奏でるソーラーオルゴールもある。大正時……


【神社・寺院・教会】

善光寺
(長野県長野市大字長野元善町491-イ)

一光三尊阿弥陀如来を本尊として祀る祈りの聖地として、創建以来約1400年、法灯を護持してきた古刹。特定の宗派に属さず、あらゆる人々が参……


西宮神社
(長野県長野市岩石町257)

長野市に鎮座し、「およべっさん」の名で親しまれる神社。寛文三年(1663年)の勧請と伝えられ、古来より“えびすの神”として信仰を集めて……


(c)岩松院

曹洞宗梅洞山 岩松院
(長野県小布施町雁田)

曹洞宗の寺院で、文明4年(1472年)開創の古寺。本堂の天井に描かれた葛飾北斎の大作「八方睨み鳳凰図」で知られる。畳21畳の大きさがあり……


横湯山温泉寺
(長野県山ノ内町平穏2032)

渋温泉の一角にある曹洞宗貞祥寺の末寺で、武田信玄より寄進を受けたことで知られる。川中島合戦の折、兵士の傷を癒したとされることから、……


提供:信州松代観光情報

長國寺
(長野県長野市松代町1015-1)

天文16年(1547年)創立の釈迦牟尼仏を本尊とする曹洞宗の古刹で、真田家の菩提寺。真田幸村の祖父、真田幸隆が開基し、上田に移転したのち……


戸隠神社・宝光社
(長野県長野市戸隠)

康平元年(1058年)、奥社より現在の地へ分祀された。杉の古木が並ぶ270余段の石段を登ると、権現造りの荘厳な社殿があり、多くの信者の尊……


戸隠神社・奥社
(長野県長野市戸隠)

由緒は日本神話にある、天照大神が天の岩屋に隠れたとき、無双の神力をもって天の岩戸を開いた天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)を戸……


戸隠神社・火之御子社
(長野県長野市戸隠)

承徳2年(1098年)頃の創建で、天照大神が籠る岩戸の前で舞ったという天鈿女命(あめのうずめのみこと)が主祭神で、他に三柱の神が祀られ……


戸隠神社・中社
(長野県長野市戸隠3506)

祭神の天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)は、天照大神が岩戸に籠った際に、岩戸を開く方法を考えたという神。学業成就、商……


戸隠神社・九頭龍社
(長野県長野市戸隠)

祭神は九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)で奥社に隣接している。鎮座の年月は不明だが、天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)が奉斎さ……


随神門
(長野県長野市戸隠)

宝永7年(1710年)建立で歴史ある戸隠神社の建造物のなかでも最古のものである。奥社に向かう参道の中ほどに位置する茅葺き屋根の朱塗りの……


戸隠神社
(長野県長野市戸隠)

霊山・戸隠山の麓に奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の5社からなる、創建以来2000年余りに及ぶ古社。神世の昔、「天の岩戸」が飛……


提供:信州・長野県観光協会

布引観音
(長野県小諸市大久保2250)

小諸駅の西よりにある行基創建とされる天台宗の名刹。牛に化身して、強欲な婆さまを善光寺に連れて行き、改悛させたと伝わる布引観音が、断……


鼻顔稲荷神社
(長野県佐久市岩村田)

岩村田商店街の東を流れる湯川の断崖に鎮座する神社。永禄年間、京都伏見稲荷から勧請して創設された。朱塗りの柱に支えられた空中桜閣の社……


提供:信州・長野県観光協会

安楽寺 八角三重塔
(長野県上田市別所温泉2361)

禅僧、樵谷惟仙が開山した長野県下で最も古い禅寺。杉並木の石段を登ると、本堂奥の小高い地に国宝の八角三重塔がある。国内で唯一の貴重な……


北向観音
(長野県上田市別所温泉)

本堂が北を向いている全国でも珍しい霊場。その由来は観世音菩薩出現の際、「北斗七星が世界の指標となるよう我も又一切衆生のために常に依……


提供:長野県観光機構

常楽寺
(長野県上田別所温泉2347)

北向観音の本坊であり、北向観音堂が建立された天長2年(825年)に長楽寺、安楽寺とともに三楽寺の一つとして建立された。茅葺の本堂にご本……


中禅寺薬師堂
(長野県上田市前山1721)

空海の創建と伝わり、県下最古の木造建築とされる薬師堂。素朴ながら重厚な萱葺屋根が特徴。薬師堂とともに、堂内の薬師如来像や神将像は国……


前山寺 三重塔
(長野県上田市前山300 )

信州の鎌倉と呼ばれる塩田平の独鈷山麓にある古刹。室町時代に建設されており、境内には「未完成の完成塔」と呼ばれる国の重要文化財「前山……


大法寺 三重塔
(長野県青木村大字当郷)

塔の姿があまりにも美しく思わずふり返るほどであるということから別名「見返りの塔」といわれている。鎌倉時代末期の正慶2年(1333年)に……


ショー記念礼拝堂
(長野県軽井沢町大字軽井沢57-1)

明治28年(1895年)に建立された軽井沢で最初の教会。「軽井沢の父」と呼ばれ、避暑地としての名を広めた宣教師、アレキサンダー・クロフト……


聖パウロカトリック教会
(長野県軽井沢町軽井沢179)

昭和10年にアメリカの建築家、アントニン・レイモンドによって設計された教会。三角屋根が特徴の、山小屋風の木造で「愛の教会」とも呼ばれ……


軽井沢高原教会
(長野県軽井沢町星野)

大正10年に北原白秋や島崎藤村らによって「芸術自由教育講習会」が開かれ、文化人や著名人が集い語りあった場として名高い教会。今でもその……


真楽寺
(長野県御代田町大字塩野142)

用明天皇元年(586年)に浅間山噴火の鎮静を祈願して建立された寺院。厳かな雰囲気が漂う境内には、菊の御紋の本堂や三重の塔、厄除け観音……


提供:東御市観光協会

白鳥神社
(長野県東御市本海野1204-1)

中世の豪族、海野氏の氏神であったが、今は地元自治会の産土神として祀られている。境内の社叢(しゃそう)には、樹齢700年を超えるケヤキ……


提供:信州・長野県観光協会

正受庵
(長野県飯山市飯山1871番地)

正受老人といわれた道鏡恵端禅師により開創された、臨済宗の古刹。白砂の庭園が美しいかや葺きの端正な庵で、映画「阿弥陀堂だより」(小泉……


称念寺
(長野県飯山市飯山2028番地)

親鸞の弟子の宗諦により開山。現在の本堂は、正倉院校倉式を模したもの。かや葺の山門と鐘楼、苔庭の美しさには定評がある。明治の南画家長……


提供:信州・長野県観光協会

龍興寺清水
(長野県木島平村穂高内山)

平成の名水百選に選ばれている清水。その昔、弘法大師がこの地に訪れたとき、村人に「水が欲しいか、お湯が欲しいか」と聞き、村人が「水が……


諏訪大社 上社 前宮
(長野県茅野市宮川2030)

全国の諏訪神社の本社であり、国内最古の神社のひとつ。諏訪湖の南に上社があり前宮・本宮と、北に下社の春宮・秋宮と4宮で構成され、関係……


上社 本宮

諏訪大社
(長野県諏訪市中洲宮山1)

全国の諏訪神社の総本社であり、国内最古の神社のひとつ。諏訪湖の南に上社があり前宮、本宮と、北に下社の春宮、秋宮と四社で構成される神……


諏訪大社 上社 本宮
(長野県諏訪市中洲宮山1)

全国の諏訪神社の総本社であり、国内最古の神社のひとつ。諏訪湖の南に上社があり前宮、本宮と、北に下社の春宮、秋宮と四社で構成され、関……


諏訪大社 下社 秋宮
(長野県下諏訪町5828)

全国の諏訪神社の総本社であり、国内最古の神社のひとつ。諏訪湖の南に上社があり前宮、本宮と、北に下社の春宮、秋宮と四社で構成され、関……


諏訪大社 下社 春宮
(長野県下諏訪町193)

全国の諏訪神社の本社であり、国内最古の神社のひとつ。諏訪湖の南に上社があり前宮・本宮と、北に下社の春宮・秋宮と4宮で構成され、関係……


提供:元善光寺

元善光寺
(長野県飯田市座光寺2638)

南信州の代表的古刹で、善光寺の発祥の地。長野の善光寺と飯田の元善光寺の両方にお詣りしなければ片詣りと昔から言われている。真っ暗な通……


御嶽神社
(長野県王滝村3315)

大宝2年(702年)の創建で御嶽山(標高3067m)の麓に位置する。元来、修験道の道場でもあったこの山への崇拝登山は、道者と呼ばれる100日間……


若一王子神社
(長野県大町市大町2097)

垂仁天皇の御代、仁品王がこの地の守となり、自ら社を建て伊弉冉尊を奉祀したと伝えられる。境内には本殿と拝殿・観音堂・三重塔を配し、神……


提供:信州・長野県観光協会

仁科神明宮
(長野県大町市社宮本1159)

仁科六六郷の総社で、本殿は江戸時代初期に建築された檜皮葺の神社。神明造の建築物としては、唯一の国宝に指定されている。重要文化財とし……


光前寺
(長野県駒ヶ根市赤穂29)

広大な敷地を持つ長野県屈指の大寺で、天台宗別格本山。境内全域約6.7haが名勝庭園として国の文化財に指定されている。春はシダレザクラ、……


刈谷沢神明宮
(長野県筑北村坂北)

一ノ鳥居からおよそ700mの四阿屋山麓に鎮座し、伊勢皇大神の御分霊を青柳氏により勧請されたと伝えられている。境内には、天野社ほか八社の……


平福寺
(長野県安曇野市三郷温4370 )

長徳2年(996年)、藤原惟正が開いたと伝えられ、信濃百番観音霊場のひとつ。天正元年(1573年)に小笠原長時と武田信玄の戦火によって焼失……


東光寺
(長野県安曇野市穂高2721)

信州七福神の一つ。曹洞宗のお寺で室町時代の作といわれる薬師如来像を始め多くの仏像がある。特に山門前の吉祥仁王尊の大下駄は有名で、大……


穂高神社
(長野県安曇野市穂高6079)

穂高見命を御祭神に仰ぎ、奥宮は、北アルプス穂高岳のふもとの上高地に祀られ、嶺宮は、北アルプスの主峰奥穂高岳の頂上に祀られている。古……


有明山社
(長野県松川村3376)

北アルプスにある標高約2200mの有明山をご神体とする古社。江戸時代初期に建立された「有明山大権現社」が始まりとされ、明治維新後に「有……


【街並み・街道】

提供:信州・長野県観光協会

城下町 松代
(長野県長野市松代町松代)

元和8年(1622年)、武田信玄が川中島の合戦の拠点に築いた松代城に、真田信之が入城。明治維新まで真田家10万石の城下町だった。町内には……


戸隠古道
(長野県長野市戸隠)

戸隠神社周辺では山岳修験の道、戸隠神社(戸隠山)詣での道、武田信玄の軍用路、越後道など網の目のように交差した古道があり、一之鳥居か……


提供:信州・長野県観光協会

須坂市 蔵の町並み
(長野県須坂市須坂)

江戸時代に須坂藩主堀氏1万石の館町(陣屋町)として、また大笹街道の追分の地として賑わいを見せた。明治から昭和初期にかけては製糸業が……


小諸の町並み
(長野県小諸市)

中山道、北国街道、甲州街道の交わる要所として、千曲川断崖上に築城。城下町は城の北から東へ広がり、数度の領主交代後、牧野氏1万5000石……


協力:上田市マルチメディア情報センター

旧北国街道宿場町「柳町」
(長野県上田市中央4丁目)

初夏には青々と茂る柳の木に石畳が美しい通りの「柳町」は、江戸幕府によって整備された北国街道にある宿場町のひとつで、今も、白い土塀、……


海野宿
(長野県東御市本海野)

寛永2年(1625年)に北国街道沿いに築かれた宿場町。江戸時代の旅籠造りの建物と、明治以降の養蚕の盛んな頃に建てられた蚕室造りの建物が……


中町通り

松本
(長野県松本市)

国宝松本城は、天正10年(1582年)に小笠原貞慶が徳川家康や旧臣の助けを得て、深志城を回復して改名。城の北は武家屋敷地、南は本町、東町……


縄手通り
(長野県松本市大手4丁目)

松本城のお堀と女鳥羽川の清流に挟まれた縄手通りは、明治12年に四柱神社が建立され、その参道として発達した。“縄のように細く長い土手”……


八ケ岳山麓スーパートレイル
(長野県・山梨県12市町村)

長野、山梨両県にまたがる12市町村を経由し、八ヶ岳山麓の全長約200kmに及ぶ「歩く旅の道」。平均標高およそ1500mの登山道、自然歩道、林道……


福島宿
(長野県木曽町福島)

天下の四大関所に数えられた福島関所を擁し、江戸時代から木曽谷の政治・経済の中心として栄えていた宿場町。木曽川畔には独特の崖屋造りの……


下栗の里
(長野県飯田市上村下栗)

飯田市上村南の、南アルプスから伸びる尾根の傾斜面に拓かれた集落。標高800m〜1100mの高地に、耕地や家屋が点在している。眼前には日本百……


妻籠宿本陣

中山道妻籠宿
(長野県南木曽町吾妻)

江戸と京を結ぶ中山道69次のうち江戸から数えて42番目の宿場町。中山道と飯田街道が交叉する交通の要衝として古くから賑わいをみせた。馬籠……


奈良井宿
(長野県塩尻市奈良井)

東海道と並ぶ東西交流の大動脈、中山道の宿場町。木曽11宿の北から2番目にあり、街道の難所・鳥居峠をひかえ、かつては「奈良井千軒」と謳……


北国西街道
(長野県塩尻市宗賀)

正しくは北国西往還と言い、善光寺街道、善光寺西街道などとも呼ばれる。中山道と西国街道とを結ぶ役割を担っていた。道中には起点となる「……


提供:信州・長野県観光協会

青鬼
(長野県白馬村青鬼)

標高760mにある山間の集落。江戸末期から明治に建築された茅葺き家屋が残る。昔は囲炉裏に火を起こし、その煙が、屋根の茅葺きの防腐の役割……


塩の道 千国コース
(長野県小谷村)

糸魚川から松本城下まで約30里を結ぶ「千国街道」は、江戸時代に塩や海産物などを運ぶ「塩の道」として栄えた。特に小谷村の千国コースは、……


【花の名所】

坪井のしだれ桜 提供:信州高山温泉郷観光協会

信州高山五大桜
(長野県高山村)

山里の原風景が広がる高山村に咲く約20本のしだれ桜の中で、「信州高山五大桜」と称される5本の桜。日本彼岸桜見立番付で西小結に選ばれた……


飯山線沿線のソメイヨシノ
(長野県中野市上今井)

中野市(旧豊田村)のJR飯山線上今井駅・替佐駅間は桜の名所として有名。飯山線と千曲川にはさまれた旧街道沿いに立ち並ぶソメイヨシノが……


白馬五竜高山植物園
(長野県白馬村神城22184-10)

テレキャビン(ゴンドラ)を利用してアクセスでき、約300種類200万株の花々が楽しめる標高1515mの高山植物園。ヒマラヤの青いケシやエーデ……


白馬岩岳マウンテンリゾート
(長野県白馬村北城岩岳12056)

例年7月から8月にかけて、約50種30万株200万輪のゆりが地面を華やかに彩るゆり園。ゴンドラで行ける標高1289mの山頂からは、白馬村の街並み……


【タワー・展望台】

提供:軽井沢町観光経済課

旧碓氷峠見晴台
(長野県軽井沢町峠町)

旧碓氷峠の頂上付近、群馬県と長野県の県境にあり、浅間山、離山、妙義連峰などが一望できる。特に紅葉の季節が美しく、遠方からも多数の観……


黒菱平雲海デッキ
(長野県白馬村 白馬八方尾根スキー場内)

八方尾根の黒菱第3ペアリフトの黒菱平駅(標高1680m)に併設された「雲海デッキ」からは、その名の通り、気象条件が揃うと早朝に、安曇野平……


【橋梁】

河童橋
(長野県松本市安曇上高地)

梓川に掛かる上高地を代表する景勝スポット。幅3.1m、全長36.6mの木の吊り橋で芥川龍之介の小説「河童」にも登場するが、橋の由来やいつ架……


白馬大橋
(長野県白馬村)

白馬連峰の雪解け水を集めて流れる清流、松川にかかる橋。橋の上からは、水底が見える程透き通った松川の流れと、白馬三山のダイナミックな……


大出の吊橋
(長野県白馬村北城大出)

白馬三山を背に、清流、姫川にかかる吊橋。北アルプスの山々や茅葺屋根の民家と見事な調和を成す一幅の絵のような風景は、見る人の心を魅了……