駅たびnet > 東日本エリア 観光スポット・イベント情報 > 埼玉県の観光名所・社寺・絶景

観光スポット・イベント情報 観光スポット・イベント情報トップへ

埼玉県の観光名所・社寺・絶景

イベント・お祭りアーカイブ

【城郭・城跡】

川越城 本丸御殿
(埼玉県川越市郭町2-13-1)

扇谷上杉持朝が古河公方足利成氏に対抗するため、長禄元年(1457年)に家臣の太田道真・道灌父子に命じて築城した。江戸時代には、城郭の面……


忍城址
(埼玉県行田市本丸17-23)

関東七名城に謳われた忍城は文明年間(1469〜86年)の初め頃に築城された。上杉、北条氏との戦いにも落城せず、石田三成の水攻めにも耐えた……


【名所旧跡・遺跡】

さきたま風土記の丘
(埼玉県行田市埼玉4834)

古墳群最古の稲荷山古墳や日本最大の円墳の丸墓山古墳を代表に、5世紀末から7世紀までに造られた9基の大型古墳が群集しており、国史跡に指……


【神社・寺院・教会】

武蔵一宮氷川神社
(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407)

武蔵国一の宮として2000年以上の歴史を誇る古社。「大宮」の地名も、この氷川神社を「大いなる宮居」としてあがめたことに由来している。約……


岩槻総鎮守久伊豆神社
(埼玉県さいたま市岩槻区宮町2-6-55)

約1400年前欽明天皇の時代に、大国主命(オオクニヌシノミコト)を出雲国より勧請したことを起源とする神社で、縁結び、農耕、商売などさま……


天台宗別格本山 中院
(埼玉県川越市小仙波町5-15-1)

平安時代に慈覚大師・円仁が建立した寺院。天慶の乱や元久の乱でたびたび焼失するが、永仁4年(1296年)尊海僧正により再建。この頃北ノ院……


川越大師喜多院
(埼玉県川越市小仙波町1-20-1)

天長7年(830年)、慈覚大師円仁の創建とされる天台宗の寺院。「家光誕生の間」のある客殿、家光の乳母春日局の「化粧の間」のある書院、あ……


仙波東照宮
(埼玉県川越市小仙波町1-21-1)

徳川家康を祀る東照宮のなかでも日光、久能山と並んで三大東照宮といわれる。創建は寛永10年(1633年)で、元和3年(1617年)に家康の遺骸……


川越八幡宮
(埼玉県川越市南通町19-1)

後一条天皇の時代の長元3年(1030年)に甲斐守源頼信によって創祀されたと伝わる神社。小江戸川越の守護神として親しまれ、境内には、縁結……


川越氷川神社
(埼玉県川越市宮下町2-11-3)

川越氷川神社では、ご祭神として2組のご夫婦の神様と大己貴命の合わせて、五柱の家族の神様をお祀りしていることから、家庭円満、夫婦円満……


出雲伊波比神社
(埼玉県毛呂山町岩井西5丁目17-1)

出雲伊波比神社の歴史は古く、奈良時代、平安時代の記録にも「出雲伊波比神社」の名前が確認できる。また、鎌倉時代には、源頼朝が畠山重忠……


高麗神社
(埼玉県日高市新堀833)

紀元前1世紀〜7世紀後半まで朝鮮半島の北部を中心に栄えた高句麗国の王族・高麗王若光を祀る神社。霊亀2年(716年)1799人の高麗人が移住し……


箭弓稲荷神社
(埼玉県東松山市箭弓町2-5-14)

和銅5年(712年)創建の保食神(うけもちのかみ)を祀る神社。平安時代中期の武将、源頼信(みなもとのよりのぶ)が戦勝祈願をしたことに由……


提供:慈光寺

慈光寺
(埼玉県ときがわ町西平386)

開基673年、坂東33か所9番札所。奈良時代に唐僧鑑真の高弟・釈道忠によって開かれ、鎌倉時代には源頼朝の寄進を受け、一山75坊を擁する大寺……


文殊寺
(埼玉県熊谷市野原623)

智恵をつかさどる文殊菩薩を本尊とする寺院。通称「武州野原の文殊様」と呼ばれ、丹後の切戸(きれと)文殊、米沢の亀岡文殊とともに、日本……


妻沼聖天山

妻沼聖天山
(埼玉県熊谷市妻沼1511)

日本三大聖天のうちの一つに数えられる、日本でも有数の格式の高い名刹。縁結びや開運出世の守り神として信仰厚く、「妻沼の聖天さま」と呼……


能護寺(あじさい寺)
(埼玉県熊谷市永井太田1141)

天平15年(743年)に建設された真言宗の古刹。国家安穏、万民豊楽と五穀豊穣を祈願のため行基上人が開山し、後に弘法大師空海が再建したと……


提供:秩父神社

秩父神社
(埼玉県秩父市番場町1-3)

秩父市の中央にある柞之杜(ははそのもり)に鎮まる総社。徳川家康の寄進による権現造り様式の社殿は、埼玉県の重要文化財に指定されており……


三峯神社
(埼玉県秩父市三峰298-1)

標高1100mに鎮座する神社で、その東方に雲取山、白岩山、妙法ヶ岳が美しく連なることからこの名がつけられた。歴史は古く、景行天皇の皇子……


【街並み・街道】

写真提供:公益社団法人さいたま観光国際協会

大宮盆栽村
(埼玉県さいたま市北区盆栽町)

関東大震災を契機に、東京から盆栽職人が集団移住してきて以来、総称して盆栽村と呼ばれるようになった。大宮公園の北側に位置し、5軒の盆……


菓子屋横丁
(埼玉県川越市元町2)

明治初期から菓子製造を始め、関東大震災後、被害を受けた東京に代わって駄菓子を製造供給するようになり、昭和初期には70軒ほどが軒を連ね……


川越
(埼玉県川越市幸町、元町ほか)

室町時代に上杉氏が築城以来、城下町として発展した。江戸時代には、江戸城の北の守りとして、大老や老中など有力大名が配置され、新河岸川……


買継商通り

秩父の町並み
(埼玉県秩父市本町、番場町ほか)

江戸初期に百観音信仰によって、霊場として整備された。今も多くの神社仏閣が残り、特に秩父神社の12月の夜祭が全国的に知られる。信仰の歴……


【花の名所】

越生梅林
(埼玉県越生町堂山113)

関東三大梅林の一つ。2haの園内には白加賀約700本、紅梅約100本、越生野梅約200本など合計約1000本が植えられており、周辺には2万本がある……


巾着田
(埼玉県日高市大字高麗本郷125-2)

高麗川がU字形に大きく蛇行しているあたりの、流れに沿った岸辺の内側に造られた水田を日和田山から見下ろすと、巾着袋の形をしているとこ……


ところざわのゆり園
(埼玉県所沢市上山口2227)

例年6月上旬から7月上旬にかけて開園。3万平方mの敷地に50種約45万株が植栽された園内は、『自然散策コース』(約1000m)と、気軽な『らく……


節分草園
(埼玉県小鹿野町両神小森堂上)

自生地としては、日本一の規模といわれる節分草園。本州と四国などの落葉樹林下に自生する節分草は、例年2月下旬から3月中旬頃に開花し、地……


岩根山つつじ園
(埼玉県長瀞町大字井戸225)

樹齢100年以上の見事な三ツ葉つつじの大群落があり、毎年4月上旬には満開になり岩根山を紫色に染める。巨木となったつつじのトンネルや、神……