駅たびnet

駅から始まるプラス旅 おすすめ観光プランが盛りだくさん!

メニュー 

飼育観察所「定義カブトムシの森」公開

平重盛の重臣であった平貞能が壇ノ浦に破れ、隠れ住んでいたという言い伝えがある定義如来西方寺で、夏休み恒例の「定義カブトムシの森」が行われます。駐車場を会場に、自然に近い状態で観察できるカブトムシの飼育観察所が公開され、夏休みの子どもたちで賑わいます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

開催日時
2018年7月21日~23日
10:00~16:00
開催場所
仙台市 定義如来西方寺 駐車場
イベント料金
無料
主催
定義カブトムシの森づくり実行委員会
お問い合わせ
定義カブトムシの森づくり実行委員会事務局(梅津) 090-8924-6667
関連ホームページへ(外部サイト)

開催場所

定義如来西方寺

壇ノ浦で破れた平貞能が平重盛にゆだねられた宝軸を守るため、この地に逃れ隠れていたと伝えられている。貞能が名前を定義と改めたことに由来し、この地を定義と呼ぶようになった。貞能の死後、従臣らが墓上に小堂を建て宝軸を安置したことが「西方寺」建立の起源とされている。広い境内には、古式漂わせる山門、貞能堂、五重塔などがある。縁結びや子授けの祈祷に訪れる人も多い。

所在地
宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
開門時間
8:00~17:00
料金
拝観無料
お問い合わせ
定義如来西方寺
Tel: 022-393-2011 
Mail: saihouji@johgi.or.jp
アクセス
JR仙山線「愛子駅」から車約25分、またはJR「仙台駅」西口バスプール10番のりばから「定義行」のバス「定義」下車
関連ホームページへ(外部サイト)

戻る

掲載の観光・イベント情報について