駅たびnet

駅から始まるプラス旅 おすすめ観光プランが盛りだくさん!

メニュー 
山形県
1泊2日コース

芭蕉ゆかりの山寺を訪れ雄大な蔵王に遊ぶ

松尾芭蕉が愛した立石寺(山寺)は四季それぞれの魅力とともに文化財の宝庫。蔵王温泉は樹氷見学・トレッキングなど、アウトドアの魅力もいっぱいです。

 

コース概要

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」と松尾芭蕉が詠んだ立石寺(山寺)。三国伝来の数多くの文化財があり、ゆっくり巡って2時間ほどかかります。山寺ならではの季節ごとに美しい景色も魅力的。蔵王温泉は湯めぐりも楽しめる古くからの温泉街。蔵王山頂では光で色が移り変わる「御釜」が見られ、大自然が作り出す魅力をたっぷりと味わえます。冬期はライトアップされたスノーモンスターと呼ばれる樹氷をロープウェイで快適に楽しめます。

コース紹介

東京駅

山形新幹線約2時間30分

山形駅

仙山線普通約20分

山寺駅

徒歩約10分

立石寺(山寺)

貞観2年(860年)慈覚大師・円仁が開創した東北天台宗の古刹。根本中堂、山王大宮、如法堂、五大堂をはじめ多くの塔堂伽藍に三国伝来の法燈「不滅の法灯」が灯り、見応え充分。松尾芭蕉の句にも見られる豊かな自然も魅力です。

宝珠山立石寺の詳細はこちら

徒歩約15分

山寺芭蕉記念館

松尾芭蕉が元禄2年(1689年)に山寺を訪れてから300年になるのを記念して建てられました。芭蕉の書、蕉門・俳諧資料のほか海北派の始祖・海北友松、江戸時代の文人画家・池大雅の絵画など美術品を含め約400点を収蔵しています。

山寺芭蕉記念館の詳細はこちら

徒歩約5分

山寺駅

仙山線普通約20分

山形駅

山交バス約35分

蔵王温泉バスターミナル

徒歩または送迎

宿泊蔵王温泉で宿泊

スキー場と「スノーモンスター」と呼ばれる樹氷が有名です。みちのくを代表する湯治場で、景行天皇代に日本武尊の東征に従った吉備多賀由により発見されたとの伝説が。泉質は強い酸性で湯量も豊富、名物の大露天風呂のほか公衆浴場もあり、湯めぐりが楽しい。

蔵王温泉の詳細はこちら

徒歩または送迎

蔵王温泉バスターミナル

山交バス約1時間(冬期運休、運行日注意)

蔵王刈田山頂

蔵王山という名の単独峰はなく、宮城・山形両県にまたがる火山群の総称を蔵王山と呼んでいます。刈田岳は蔵王連峰中の高峰で、レストハウスや御釜の展望台がある観光スポットです。

御釜展望台まで徒歩すぐ

御釜

蔵王刈田岳、熊野岳、五色岳の3峰に囲まれた円形の火口湖で、その地形から御釜と名付けられました。湖面は神秘的なエメラルドグリーンで、荒々しい火口壁とのコントラストが美しい。光の当たり方で湖面の色が変化するため「五色沼」とも呼ばれます。

御釜の詳細はこちら

徒歩すぐ

蔵王刈田山頂

山交バス約1時間(冬期運休、運行日注意)

蔵王温泉バスターミナル

山交バス約35分

山形駅

徒歩約5分

霞城公園(山形城跡)

最上氏の祖・斯波兼頼が延文2年(1357年)に築城したと伝わります。現在は二ノ丸塁濠のみが残り、二ノ丸東大手門は平成3年に復原したものです。園内にある山形市郷土館は明治11年(1878年)竣工の擬洋風建築の病院を移築したもので、国指定の重要文化財です。

霞城公園(山形城跡)の詳細はこちら

徒歩約5分

山形駅

山形新幹線約2時間30分

東京駅

  • 駅
  • 観光スポット
  • バス停
  • 宿泊
  • バス・タクシー・レンタカー
  • 徒歩
  • ロープウェイ・ケーブルカー
  • 船
  • 新幹線
  • JR在来線
  • JR以外の鉄道
このコースのポイント

山寺芭蕉記念館は、立石寺から山寺駅を挟んで反対側にあり、立石寺の全景が望める位置にあります。近くにはレストランを備えた大きな観光センターも。

蔵王の樹氷は12月下旬から3月上旬までで、ピークは2月。ロープウェイの山麓駅から山頂駅まで眼下に雄大な光景を楽しめます。蔵王温泉宿泊ならではの楽しみ、夜のライトアップも人気です。

蔵王バスターミナルから刈田山頂へのバスは、例年は1日1本、4/下旬〜7/31土日祝のみ、8/1〜10/下旬毎日運行です。運行日をご確認ください。刈田山頂からは、わずかな徒歩で、美しい御釜を望むことができます。冬期は運休なので、2日目は蔵王スキー場で昼の樹氷を眺めたり、早めに山形駅まで移動して、街巡りを楽しんでください。

コースMAP

 

モデルコースで廻る観光スポット等
宿泊エリア

山形県のその他のコース

より快適・おトクな周遊のために!

  • 駅レンタカー
  • びゅうばす
  • 駅から観タクン
  • おトクなきっぷ
  • びゅう
  • えきねっと

JRで行く 東日本各地のオススメ モデルコース

このページに掲載の観光・イベント情報についてPC版サイトが開きます

戻る